10/28 祈り・願い(いのり・ねがい)

祈ったり願ったりすることを今まで
したことがあると思います。
例えば『彼女とうまくいきますように』、
『幸運に恵まれますように』、
『お金がたくさん貯まりますように』、
『宝くじがあたりますように』、
『健康になれますように』、
『運が良くなりますように』などなど。

そして願いが叶わなかったときに
多くの人はこう思います。
「ちっ、神や仏なんていないじゃないか!現実はちっとも
変わらない。祈っても願っても何の意味もない」と。
はなたしてそうでしょうか。
私はそうは思いません。
祈りや願ったことはちゃんと叶っていると思います。
なぜなら、『○○なれますように』とか
『○○が欲しいです』と祈ったり願ったりするということは、
神様や仏様(私は宇宙という表現をしますね)は
なれないまたは手に入れてない、と
解釈します。
そしてその通りの現実世界を現せてくれます。
つまり祈りや願いは叶っているということなのです。
「幸せになれますように」は『不幸です』と宇宙は解釈しているからです。
「彼女(彼氏)とうまくいきますように」は『うまくいっていません』と
宇宙は解釈しているからです。
「健康になれますように」は『不健康だ』と宇宙は解釈しているからです。

祈りや願いは求めたりすがったりすることではなく、
体験したいことを前もって感謝するということです。
願いがすでに満たされていると信じて前もって感謝するということです。

『○○になれますように』は『わたしはすでに○○に
なって本当に幸せです。ありがとうございます。
心から感謝します』に変えてみてください。

『○○が欲しい』は『わたしはすでに○○を手に入れて
とても満たされています。今度はこの喜びの種を
たくさんの方々に撒(ま)いていきます。本当にありがとうございます。
心から感謝します』に変えてみてください。

このとき少しでも不信感があってはいけません。
『ホントかなぁ』とか『叶うんだろうか』など。
それは自分の内側、本当の自分、つまり己の魂に
疑いをかけていることになり、宇宙は「本当は
そうなっていない」と解釈してしまいます。
そして自分の内側に疑いをかけている以上、
なりたい自分や手に入れたいものは自動的にどんどん
遠のいてしまいます。

なりたいとか手に入れたいというイメージや
インスピレーションが降りてきたときは魂が
そうなれることを知っているからです。
例えば『健康になりたい』『心の健康を取り戻したい』と
思ったときはそうなれることを魂は知っているから
そのような叫びを感情として肉体の自分に伝達してくれているのです。

自分に疑いをかけているときは魂や宇宙はそれを気付かせるために
誰かから疑われるような出来事や傷付けられるような出来事を
通して気付かせようとします。
運が悪い訳でもその人が悪い訳でもありません。
色んな手段を駆使して気付かせようとします。
これは本当にありがたいことです。

話がどんどんそれてしまいそうになりますので
この辺で。

合掌。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-10-28 22:51 | スピリチュアル


<< 10/29 そういう考えも... 10/27 使う遣う配る(き) >>