12/06 やめる勇気、あきらめる決断(ときには)

時にはやめたり諦めたりすることは
必要です。
『やめる』とか『諦める』というと
なんだか人や自分自身に負けを認めることではないかと
思ってしまうことがあります。

しかし、やめたり諦めたりということを『してしまった』ではなく、
やめたり諦めたりということが『できた!』と
思ってみてはいかがでしょうか。

何かを続けることも決断が必要です。
でもなにかをやめる決断も必要です。

要はバランスです。
このいずれかに重きをおきすぎると
黄色の信号が点灯します。
『常に何かに追い込まれているような感情』です。
以前にも書いた『〜しなければならない』、
『人としてこうあるべきでいけない』と。
段々自分や他人を追い込んでいきます。
追い込むということは宇宙のシステムに従って、
近い将来、追い込まれるという現実が現れるということに
なります。

もし気が付けばそうなっていたという方、
段々完璧主義になってきていませんか。
潔癖主義になっていませんか。

私は数週間ほど前からブログランキングに
参加させていただいております。
とても楽しいです。
でも万が一、順位が気になったり
順位が上がったり下がったりに一喜一憂していたら
そのままいくと本来の目的である、
ブログを通しての情報発信が義務になり、
苦になるでしょう。
そのときはおそらく私はランキングに対しての
執着の塊になっていると思います。

そして『今日もなにか書かなければ順位が・・』などと
気になって、『書かなければならない』になってしまうでしょう。
もしそのような気持ちに少しでもなったら
即、ランキングの参加をスパッと退会します。

そして手放して楽な気持ちになったら
また参加すると思います。

こんなんでいいんじゃないかなと私は思っています。

そう思うと力が抜けてリラックスした状態でいられます。

それがクライアント様に伝染すると信じています。
眉間にシワを寄せて、追い込まれた状態で
セッションをしようものなら、
鋭いクライアント様に一発で見抜かれてしまいます。

元気のない状態ではクライアント様に
元気がない『気』がリレーしてしまいます。

本末転倒です。

やめる勇気、決断、諦める勇気、決断も必要なんなんだね。
そんな考えもあるんだなぁと思っていただければ
幸いです。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
あなたのクリックがこのブログ継続の原動力に
なります。ありがとうございます!
12/06   やめる勇気、あきらめる決断(ときには)_c0111102_1213098.gif
by hal-min | 2008-12-06 23:59 | こころ


<< 12/07 思い(おもい) 12/05 再会(てきはいない) >>