10/29 先日の続き(つづき)

先日の続きです。
実際に紙に書かれた方はいらっしゃるでしょうか。
書かれた方は何らかのきっかけになれば幸いです。

では先日の3つの質問で何をお伝えしたかったか
お答えします。

【質問:1】の
『あなたの憧れている人は誰ですか?
その人のどんな部分に憧れていますか?』ですが、
これは、
あなたが本当になりたい自分の姿です。
あたなが理想としている姿であり、近い将来の自分の姿なのです。
この質問であなたは自分はどんな人になりたいかという
のが見えて来たと思います。

次に【質問:2】
『神様はあなたの寿命を今から100年延ばしてくれました。
その100年というのはただ単に100年を過ごすのではなく、
何でも叶うとします。
仕事、恋愛、人間関係、金銭面、健康、時間・・・とにかく何でも
思い通りに叶うとします。
そのような夢のような100年でどんなことをしたいですか?』ですが、
ここで思ったことは、

あなたが過去にやり残したこと、
やりたかったことが出来なかったこと、
もしくは将来的に心からやりたいと思っていることです。
ここであなたが書かれたやりたいことというのは
あなたが本当に好きなことでもあるでしょうし、
あなたが心から楽しんで取り組みたいことでもあると思いますので
人や年齢、環境、金銭面などがうまくいかないから無理なんだと
それらのせいにせず思い込まないでくださいね。

さてさて次の【質問:3】
『もしあなたが『余命6ヶ月です』と宣告されたら
その残された6ヶ月間で何をしたいですか?
どんなことをしたいと思いましたか?』ですが、

これは、あなたがまさに今やるべきことです。
そしてすぐにでも今取り組みたいこと、
今したいこと、今するべきことです。
しかも本気で。
瞳の奥で炎がメラメラしているようなほど本気で。

話が少し飛びますが人って本当はスゴいんです。
今まで『自分はダメだ』と思い込んでいただけなのです。
私はこれまで医師から余命宣告を受けられた方や、
ある分野で復帰は絶望と言われた方と何人も
お会いさせていただきました。
すると皆落ち込むのかと思いきや、
とてつもない念が湧き出てくるのです。
そうさせるのは『今しかないんだ!』という思いなのです。
そして今やりたいこと、今するべきことを
猛ダッシュで取り組んでいくのです。
人の可能性のスゴさを目の当たりにして何度も驚かされました。
もちろん余命宣告の何倍も寿命を延ばされていかれていくのです。
復帰は絶望とされていた人でさえ、
奇跡の回復、いやそれ以上の回復を見させていただいたことも
ありました。

紙に書かれた方で『そんなの自分にできるの??』と
思われた方もいらっしゃるかと思いますが
実はあなたが紙に書いたことは、
出来ないことではなくて、あなたにできることを
自分で書かれたのです。

いかがでしたでしょうか。
進むべき方向性が少しでも見えてきましたか。
ないと思っていた目標が見えたでしょうか。
今すべきことを何かのせいにして先延ばしにしていなかったでしょうか。

あなたは、あなたの理想とする姿、つまり
自分が将来なれる自分を書いたのです。
あなたは、あなたができることを書いたのです。
あなたは、自分の方向性を書いたのです。

あなたは自分と向き合ったのです。
あなたはそんなあなたを誇りに思って下さい。

後悔しない人生にしていきましょう!
書いた紙は日付を書いて大切にしてください。
その日付はあたなだけの記念日です。

■霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■

■お問い合わせはこちらから>>>■

■PRサイト
催眠療法で悩みを解決する方法を無料で教えます。
by hal-min | 2009-10-29 23:59 | こころ


<< 10/31 成長の種(たか... 10/28 質問(しつもん) >>