1/27 件数(さいしょに)

みなさん今日も一日お疲れ様です。
ここ最近、私の知人などから、まるで
事前に打ち合わせをしたかのように同じようなことを
聞かれることがあります。
こういうときは『サイン』なので書き残しておこうと思います。

その重なった内容とは、職場での上司の方などの
やり取りのことでした。
世の中の全ての上司がいつも機嫌が良いとは限りません。
厳しくて優しい上司もいれば、
やる気をうまく引き出してくれる上司もいらっしゃいます。
このような場合はのびのびと仕事ができることでしょう。

反対に悩みの種となってしますのが、
いつ話しかけても無愛想だったり、
何を言っても面倒くさそうにする場合かと思います。
分からないことを聞こうとするときや
営業先から連絡を入れるときに、そのような上司の方だと、
『聞くのが嫌だなぁ』とか『連絡してこいって言ってるけど
どうせ面倒くさそうに言われるよなぁ』と億劫になったりすると
思います。

私も会社で働いていたときはそう思うことも何度もありました。
出張先から社長に連絡を入れるときに、
いつも忙しい方だったので『後にしてくれるか』とか、
『手短に頼むで』と言われるのが嫌だったので、
何か良い手はないかと考えました。
そのように言われるときって相手も心の準備ができていなかったり、
『これ以上仕事を増やさないでくれよオーラ』が出ているので、
一つの連絡事項を伝え終わってから次に質問したり、
話の後の『それとですね』と後々付け加えると、
まだあるんかいな!という『気』が伝わってきますよね。
そしてその『気』がこちらに伝わり、
あと一つ聞きたいことがあるけどもういいや。となってしまいます。

そのような時は一番最初に『お疲れ様です。2点あるのですがよろしいでしょうか?』と
聞きたいことや質問の件数を最初に言ってみてください。

聞きたいことや質問の件数が3つあるのであれば『3点あるのですが』と。
2つなら『2点あるのですが』と。
もし反対の立場なら「了解。2件ね」と心の準備ができると思いますし、
「たくさん言ってくるんじゃないか」という気持ちもなくなりますよね。

ちょっとしたことですが職場で聞きにくい上司や同僚の方が
いらっしゃる場合や、いつも話をきちんと聞いてくれる上司や
同僚の方にもまず最初に件数を言ってみてください。
『あれ?いつもと対応が違う』と感じられると思います。
もちろん、良い気分です。
こちらも良い気分なのですから相手も良い気分です。
相手が構えるということはこちらが何らかの不安の電波を
送っているのです。

これってココロや見えない世界の話と関係ないように
感じますが、全てつながっています。
では一日の大半を『良い気分』で占められるように
心より願っております。

感謝。

霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■

ちょっと体験!45分電話セッション■のページはこちらから>>>■

■全てのお問い合わせはこちらから>>>■

■PRサイト
催眠療法で悩みを解決する方法を無料で教えます。
by hal-min | 2010-01-27 23:22 | こころ


<< 1/28 天使(てんし) 1/26 自分に(かく) >>