3/14 歴史(れきし)

偉人や偉大な人、有名な方々の生き様
だけが特別な歴史ではない。

人の数だけ歴史があり、この世にいる全ての方々の
数だけ創られている歴史はあるのです。

たとえ真っ暗な場所に放り込まれた気分になっても
街の灯の数だけ、いやそれ以上にたくさんの方々が存在しているのです。
本当は誰一人孤独な人はいないのです。

見えない世界や思いの世界では私たちは深い深いところで
繋がっているのです。

それらの世界には『別々』であったり『個々』『あの人、この人』という
概念がありません。
全ては宇宙という一つの
(ここで一つと決めてしまうのは適していないのですが
ふさわしい言葉がないので一つという表現をさせてください)成長意欲を
持った宇宙という意識体のほんの一部(分身?)が
私たちなのです(生きとし生けるもの全て)。

ただ、『肉体』という魂が宿る着ぐるみをまとうと、
頭で考えるようになります。
そして肉体という着ぐるみをまとうことにより、
『個』という感覚をおぼえ、自分と人を比べたり、自分や人を評価したりされたり、
遠い近いという距離という概念、
時間という概念が発生します。

笑ったり泣いたり怒ったり様々な感情の体験や
学びや気付きを学ぶためにこ
の世にいらっしゃる皆さんは自らの意思で
魂の世界では学べない様々なことをあえてこの時代しか
体験できないことやその国のこの時代でしか体験できないこと
など、この世に学びにやってきているのです。

そして歴史を創り上げていかれていらっしゃるのです。
その歴史の中で後悔することもあるでしょう。
しかしその体験も重要な学びなのです。
価値のない人なんていません。

皆素晴らしい価値のある魂のチャレンジャーなのです。

霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■

ちょっと体験!45分電話セッション■のページはこちらから>>>■

■全てのお問い合わせはこちらから>>>■
by hal-min | 2010-03-14 23:59 | スピリチュアル


<< 3/15 おしらせ(おしらせ) 3/13 サイン(さいん) >>