3/11

地震と津波の被害を受けた方々に
心からお見舞いを申し上げます。

深い悲しみや困難に直面したときこそ
一人一人が、国が、世界が支え合い、一つになる
ときでもあると思います。

『自分には何ができるのか』という
お気持ちを皆様で強めていき
一人でも多くの方が救助されることを
心より願っております。

また、当方と致しましてもご協力できることを
これからも行ってまいりたいと思います。

これをご覧の皆様も胸が締め付けられそうな
気持ちでいっぱいだと思います。
私たち一人一人ができることを思い、
祈りのチカラをどうか信じてください。
by hal-min | 2011-03-11 23:59 | こころ


<< 3/12 3/10 お知らせ(おしらせ) >>