3/1 無邪気ときを思い出そう(おもいで)

魂の視野を広めているときは、
『できる理由』を探す
達人になっているときです。
同時に、『できる選択肢』をどんどん
増やしているときです。

例えば、幼いときを思い出してみてください。

朝目覚めて窓から外を見ると
雪が積もっていたら喜んで
はしゃいだ記憶はありませんか。

幼いときのあなたは真っ白な
雪景色を見て、
『何して遊ぼうか』『どんなことしようか』で
頭がいっぱいだったと思います。
『できる理由』をフル回転で探して、
『できる選択肢』が胸ん中で急速に増殖していたと思います。

雨の日でもそうです。
台風の日でもそうです。

『どうやったら遊べるか』『こんなときはどんなことをすれば
楽しいだろう』と
【できる理由】を探す達人になっていたと思います。

そうです。魂が心が、宇宙が広がっている瞬間です。


では、あなたがはしゃいで大喜びしていたときの
大人の表情や言葉はどうでしたか。

『はぁ〜。。。雪か。。。寒っ。。
外出るのイヤやなぁ。。』と
しんどそうな表情をして、
しんどい言葉を発していませんでしたか。
雪でも雨でも台風でも
天候が崩れると。
夏には晴れたら晴れたで、『暑い、暑い』って。

もちろん大人が間違っているということはありません。
大人になるということは、
いろんなことを知ったということでもありますから、
子供よりも確実に【体験量】が多いので、
比例して【感動量】は減少します。

幼いときはそれらの【体験量】が少ないのですから、
比例して【感動量】は増加します。
さらに前者と違い、【感動量】の増加に
伴ってもれなく付いてくるのは、
【思い出量】です。

だから初めてのことって
鮮明に思い出として刻まれて
憶えているのです。

初めてのことだらけの時期は
時間も長く感じ、
たくさんの思い出もストックされていきます。

しかし、年月を重ねるにつれ、
時間の流れは早く感じます。
初めてのことが減ってきて
『毎日が単調になっていますよ』というサインです。

小学生のときの6年間よりも
現在の6年間の方が早い!と感じたら
何か新しいことにチャレンジしてみるチャンスなのかもしれませんね。

でもいきなり大きなことをしなくてもいいんです。
まずは日常の小さいことや行動パターンを
変えてみることでも全然違います。

せっかくこの世にやってきたんですから
『時間の流れが早いなぁ』と
思ったら身近な何かをちょっとでも変えては
いかがでしょうか。

あなたの宇宙はどんどん広がります。

合掌。

兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>

ちょっと体験!45分電話セッション■のページはこちらから>>>


■全てのお問い合わせはこちらから>>>

『今日も一日幸せです。
明日もこれからも幸せです。
by hal-min | 2012-03-01 02:14 | スピリチュアル


<< 3/2 心は自由帳(まっしろ) 2/29 スゴい人だなぁ(... >>