6/7 痛め縮んでいるとき(それは)

心を痛めているとき、

心が縮んでいるときは

その悩みの渦中にいるので、

人の言葉が胸に届きにくく、

トンネルの出口が永遠に
訪れないと思ってしまうものです。

しかし、心を痛めたということは、

答えや原因を探し求めて、
ついには答えを見付けて、
理解したということでもあるのです。

それは、積極的な見方や考え方が
できるようになったということですよ。

悩むことは不幸なことではないんですよ。

もし不幸があるとすれば

悩むことや心を痛めることが
いけないことだと決めつけることが不幸なんだと思いますよ。

どんなときでも、嘆く前に
「いまとても幸せだ」とまず思ってみることです。

合掌。

兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>

ちょっと体験!45分電話セッション■のページはこちらから>>>


■全てのお問い合わせはこちらから>>>
私、岸田天道からお返事させていただきます。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

『今日も一日幸せです。
明日もこれからも幸せです。
ありがとう。
感謝します』


【375Energy】
Emerald Tablet
by hal-min | 2013-06-07 23:59 | スピリチュアル | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/20357824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 6/8 反省(あかおとし) 6/6 個性(これもこせい) >>