8/7 不便は(ふこうか)

カールソン・カンパニーズ社の会長(カート・カールソン)は、
【障害とは目標から目を離したときに見える恐ろしいものだ】と言っています。

そして、【障害は不便である。しかし、不幸ではない】と
ヘレンケラーは言っています。

目の前に障害が現れると、それを乗り越えるために
確かに不便ではあります。
けれども、それは不幸ではなく
目標(信念をもった積極的な目標)から目を離したときや
諦めたときに『なぜあのときに。。。』という
後悔という障害(という不便)と向き合わねばならないということなんでしょうか。

しかしそれもヘレンケラーにしたら不幸ではないということなのかなぁとか
気がつけば5分くらいの間でそんなことことばかり考えていました。

どんな障害(不便)がやってきても、
『いろんな体験をさせてくれてありがとう』というココロがあれば
幸せの種になるんでしょうね。

合掌。


-----おしらせ------
8/7   不便は(ふこうか)_c0111102_2115521.jpg


先日お知らせした8月24日の勉強会の午前の部は
すべて埋まりましたが
午後の勉強会は引き続きご予約受け付け中です。

-------------------
詳細はこの記事をご覧下さい^^

8/7   不便は(ふこうか)_c0111102_212462.jpg
by hal-min | 2014-08-07 02:14 | スピリチュアル | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/22442323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 8/8 こまかい(こと) 8/6 勉強会おしらせ >>