2/2 吉凶悔吝(きっきょうかいりん)は動に生ずる者なり

動き回るひとほどうんは拓ける。。。。。

どういうことかというと、

易経(えききょう)という中国の最も古い占いの書に
『吉凶悔吝(きっきょうかいりん)は動に生ずる者なり』という言葉があります。

これは解釈する人によって多少変わってくると思うんですが、
『運が良い悪いは行動の量に比例する』とか
『行動すれば運は拓けてきますよ』という意味です。

私は占いはしないんですが
吉凶悔吝(きっきょうかいりん)を一文字ずつ分解していくと
ごもっともな意味がこめられていて、
占いも本来は当たった当たらないではないということがわかってきます。


吉凶悔吝(きっきょうかいりん)を一文字ずつ分解して
ざっくり説明すると、、、、

『吉』、、、、良い出来事。

『凶』、、、、悪い出来事。

この二つは誰もが知っていると思います。

では、『悔』と『吝』。。。


『悔』(かい)、、、、凶になったことを後悔して吉に向かうこと。
(凶になったことも学び。ずっとそれに囚われず吉に向かうと運気は上がりますよという内容)


『吝』(りん)、、、、吉にいながら凶に向かうこと。
(いくら吉でも、目の前のことや小さなことを大事にしないと運気は下がりまっせという意味)



吉凶悔吝(きっきょうかいりん)もこうして分解すると分かりやすいでしょ。


状況が良いときほど謙虚であれ。
状況が悪いときは見直して良い状況に向かえ。という意味にもとれますし、
それに加え、『行動』が大事だということです。

じっとしてても状況は変わらず。
クヨクヨ悩まずとにかく動け!
『運』は『動』より生ずやでという意味にもとれます。


私もいくら仕事とはいえ、一日中座りっぱなしで事務所にこもっていたら
良いアイデアも浮かばないですし
頭ん中もいっぱいになってきます。
適度に運動したり外の空気を吸ったりゴソゴソ動き回ったりすることは
とても大事だと感じます。


じっとこもってたら悶々として心も曇ってしまいますし、
考え事も頭の中で堂々巡りになってしまいますから
『悩んだら動け!動いてから悩め!』の思いは本当に大事でっせ。

多くの方が『吉』に向かいますように。

合掌。


おしらせ:
新しいホームページはURL、メールアドレス等が変わっています。
3月後半にかけて旧HPから新HPに移行します。
■新しいHP
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
by hal-min | 2018-02-02 07:35 | スピリチュアル | Trackback


<< 2/2 教育されたノミ 2/1 『復讐するは我にあ... >>