2/5 3つの”期待”

社会人になって間がない頃、変な光景やなぁと思ったことがあります。

ボケ〜っとしていた人や面倒くさそうに仕事をしていた人たちが
定時のチャイムが鳴ると、急にスイッチが入ったかのうに
慌ただしく帰り支度をしてサッさと帰ってしまう人というのは
どこの職場にもいると思います。

私も社会人になって間もない頃(そこはすぐに辞めましたが)、
そういう人たちを見て『朝からスイッチ入れろよ』と思ったことがありました。

そういう行動に興味を持ったので、あるときそんな行動をとる人に
こんな質問をしたことがあります。
『毎日定時のチャイムと同時にササッと帰るほどの大事な用事はあるんですか?』って。

中には子供を迎えにいく人や習い事をしている人もいましたが
ほとんどは急いで返ったところで特に大事な用事はないようでした。


定時五分前くらいからソワソワしだして
時間になったら全エネルギーを注いで急いで退社する、、、、
エネルギーをそこまで注いで帰っても大事な用事がない、、、、
なんかマンガを見てるみたいで面白いなぁ思っていました。

前置きが長くなりましたが
何の話かというと、そうする人たちが正しいとか間違ってるとかではなくて、
『もっと給料を上げてくれたらいいのに』とか
『この仕事でこの給料は見合わない!』という言葉を
職場などでみなさんも耳にしたことがあると思うんですが、
『もっと給料を上げてくれたらいいのに』とか言う人は
自分の働きに相応しい給料をすでにいただいています。

仕事を”それ以上”をしないのですから給料も”それ以上”にはなりません。

『会社がもっと給料を上げてくれたら頑張る』というのも道理からズレています。

じゃあ昇給や昇進をしていく人は何が違うのかというと、
その人が意識してようがしていまいが”期待以上”をもたらしています。

そのような人は”いかに時間きっかりに帰れるか”よりも
会社が経費を節減できるように工夫したり、
自分が早く終わったら誰かを手伝ってあげたりと
会社や周りに”期待以上”をもたらします。

”期待以上”というのは良い言葉と同じであったかい空気のようにう上へ上へを上がっていきますから、
いただく給料の額も役職も魂のステージも上に上に上がっていきます。

”期待”には、『期待通り』、『期待以下』、『期待以上』の3つの段階があります。

ありがたいことにどれを目指すかは自分で決めることができます。


合掌。


おしらせ:
新しいホームページはURL、メールアドレス等が変わっています。
3月後半にかけて旧HPから新HPに移行します。
■新しいHP
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
by hal-min | 2018-02-05 20:30 | スピリチュアル | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/29239581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2/6 2/5 裸にて生まれてきた... >>