11/14 選択肢はないという思い込みの怖さ

仕事でも人間関係でも、悩んだりしていると視野が狭くなります。
視野が狭くなるということは、『選択肢はない』と思い込んでしまうのです。

例えば、会社でいつも自分にだけ嫌なことを言ってくる上司がいたら
傷つくし気分も悪いですよね。
そして『あんな上司がいる中で仕事をするのは辛い』と悩んでいきます。

辛い辛いと思いながらも我慢して出社して毎日その上司の攻撃を受けて
悩みもさらに深まって心が病んでしまう。。。
このようなことは世間ではよくあることですが、
ちょっと考えてみましょう。

そんな状況でも苦しみながら会社や学校に『行かねばならない』になっていませんか。
つまり悩めば悩むほど、視野が狭くなって『そこしかない』と思い込んでしまっているのです。

でも落ち着いて考えてみると、この世には会社はいくらでもあります。
『この世には会社はここだけじゃない』という思いを持つだけでも
選択肢は広がります。実際にそうです。
人手不足の会社の方が圧倒的に多いのです。
いま人が余っているという業種はあまり聞きません。

学校だってそうです。
いじめに耐えて耐えて心を壊してまで行くことはありません。
転校することだって考えてもいいんです。

ふた昔前までなら『這いつくばってでも行け!』という時代でした。
でも今はもうそんな時代ではありません。

力の時代、物の時代は終わって、今は心の時代、人柄の時代です。

物質的にもいろんな面でこの世は恵まれています。

いま苦しんで悩んで心が壊れかけている人はもしかしたら『選択肢はない』と
無意識に思い込んでいる可能性があります。
そんなことはありません。
働く場所、学ぶ場所はいくらでもあります。

そうして視野を広げてみましょう。

心を壊しませんように。

合掌。

■HPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね





by hal-min | 2019-11-14 00:02 | スピリチュアル | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/30569362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 11/15 自分を評価する... 11/13 依存したら疲れまっせ >>