11/19 暇人は奪う人

人を応援しようとしたり協力しようとしてくれる人は
精一杯生きていたり、自分のことを大事にしています。

反対に、自分のことを大事にしていない人は、
人のやる気を削いだり、『芸能人の誰それがどうなった』とか
『あの人とあの人は仲悪いらしいよ』と、
どうでもいいことにたっぷり時間を注いでいます。
なぜそのような人は自分を大事にしていないかというと、
『どうでもいいことに命を捧げている』からです。

『時間=命』です。

冷たく感じる人もいるかもですが、もしあなたの周りにそのような人がいたら
相手にしなくていいと思います。
仕事上、どうしても無視する訳にはいかない場合は『そうですね』と
必要最小限の返事でかまいません。

つまり、どうでもいいことに時間を注げるということは、
その人は暇人だからです。

これを読んでくれている人は、悩んだり不安になったりしながらも
『この現状をなんとかしたい』『もっと良くなりたい』という思いがあるはずです。
それは、ものすごく必死に生きているということですし、
精一杯生きているということです。

そんなあなたの貴重な人生の時間(命)を
暇人に奪われてはいけません。
あなたの親やご先祖様もあなたの命が暇人に奪われることを望んでいません。
生きていたら悩んだり苦しいときもあります。
ときには『もう消えたい』と思うことだってあると思います。

でもその体験が必ず誰かの役に立てるときがきます。
そして、そのように精一杯生きている人は、
夢を持った人や目標を持った人を『あなたならできる!』と全力で応援もできます。

でも暇人は違います。
『そんなの無理』『できないと思う』『難しいと思う』と、
盛り下げてくれて、さらに厄介なことにあなた自身を『そっか、、無理なのかも』と思わせます。

上司であれ友達であれ、アドバイスをもらうなら、
『あの人のようになりたい』と思う人か、”体験者”の声を聞くようにしてみてください。

体験者ではなく、暇人や解説者の声は聞かない!と思うだけでも
日常の雑音はかなり減ります。
テレビを見る時間だって減るかもしれません。
(テレビが悪い訳ではないですよ。ダラダラ時間を消費しないという意味です)
そのかわりに、できた時間を有意義なことに注げます。
つまり、後悔しない人生になっていくということです。

『時間=命』ですよ。

自分らしく生きますように。

合掌。

■HPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね








by hal-min | 2019-11-19 21:34 | スピリチュアル


<< 11/20 過去は過去 11/18 素直力 >>