11/2 敏感な心はエナジーヴァンパイアから自分を護るチカラ

周囲に対してとても敏感な方も多いと思います。

人が嫌いなわけでもないのに、
ちょっと人と接しただけで疲れたり
周りの人の状況が気になったりして
家に帰ったらバタン、、、という感じでしょうか。

そんなことが続くと、自分は心が弱いとか
ダメな自分と思ってしまうことも多いと思います。

しかしその一面は必ずしもマイナスなことばかりではありません。

人一倍、気を使ったり神経を使う一面は
”非常に細かなところまで心配りができる”という一面でもあります。
そして、できるだけ周りに合わせようとする優れた協調性も持っているということです。

よく”場の空気を読む”言いますが、
そのような人ほど”読む”以上に”読みまくる”ことで
エネルギーを消費してしまいやすいのですが、
”読みまくる”人って実は場の空気だけではなく
周りの人のちょっとした表情の変化や動作をしっかり見ていて、
しかもその人の感情までも読み取ってしまう力を持っています。

”敏感すぎる”一面は実は授かった特別なチカラです。

まずはその一面を単にマイナスな一面と捉えずに
『私が授かったすごいチカラなんだ』という側面も持ってみましょう。

疲れてしまうほどに細かなところまで気配りや心配りができる人って
そうそういません。

”特別”なのです。


なので一気にその一面をゼロにすることはありません。

まず一つだけ気をつけてみることから始めてみましょう。

それは”エネルギー泥棒には気をつける”ということです。


”エナジーヴァンパイア”とか”サイキックヴァンパイア”という言葉を聞いたことが
ある人もいると思います。

話しかけられるだけでも頭痛がする人、
特定の人からメールやメッセージ、電話があるだけで
心臓がバクバクしたり、深い意味もないのに
ものすごくしんどくなったりしてしまう人がいるのなら
そのような人と少し距離を置いてみることです。

私たちは目に見えなくてもエネルギーというのか”気”のやり取りもしています。
元気な人といると元気が出てくるのは
その人から元気という”気”をもらったからです。
良い”気”を与えた人は燃料が減るような感じで気が消耗しています。
なので元気になった姿や『会えて元気になりました!ありがとうございます!』という
言葉を返すことでその人はまたチャージされていきます。

しかしエナジーヴァンパイアは時間や気を吸い取ることはあっても
決して与えたり返そうとはしません。
その人は悪気がなかってもただただ気を吸い取ります。


例えば否定から入ってきたり、ずっと不平不満や愚痴を言う人などが
わかりやすいですね。
もしプラスの言葉を投げ掛けても何を言って、
心に火を灯そうとしても、
”でも”、”だって”、”どうせ”(これを私は3Dと呼んでいます)で返してきて
自ら灯された火を消し続けて
あなたの心の火も消そうとします。
(本人が意識していなくてもそんな気がなくても)

水でびしょ濡れになった炭に火は灯りません。
同時に周りの炭まで濡らしてしまいます。

『あ!時間や気を吸われている!』と感じたら避難することです。
台風が来たら家でじっとして外に出歩きませんよね。
それと同じです。


敏感な一面は”エナジーヴァンパイア”とか”サイキックヴァンパイア”を
見抜くこともできるチカラがあるのです。
弱さではありません。
防御能力が優れているのです。

そのチカラを授けて産んでくれたお母ちゃんお父ちゃんありがとう!と
感謝の気持ちでチャージしていきましょう!


合掌。


■HPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)












by hal-min | 2020-12-02 23:27 | スピリチュアル | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/31852269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 12/3 私のコンプレックス 12/1 穏やかでいる努力 >>