12/8 運の良い人悪い人

運の良い人と、運の悪い人がいます。

その違いはなんでしょう。


それは"考え方"ではなく、”使っている言葉”です。


一見、考え方が先のように思いますが、
言葉は思考を作り、態度や表情、行動に現れます。

そして、口癖は普段から心の中で思っていることが出る言葉です。
思ってもいないことは言葉にもなりません。
そして普段どんな言葉を使っているかで
人相にも現れきます。

運が良いか悪いかでいえば誰だって運が良い方がよいですよね。

ではそうなっていくために下記のことをちょっとだけ意識してみながら
日常の中に取り入れてみてください。

きっとこれまで見えなかったものが見えだしたり、
起きる出来事や出会う人が変わってきます。


そんなのありえないとか、そんなことして何になるの?という方は
無理に信じることはありません。
ちょっとしたおまじないのような気持ちでご覧いただければ思います。



①運の良い人の口ぐせ

・『運がいい』
・『おかげさまで』
・『調子いいですよ』(少々しんどくても)
・『叱っていただきありがとうございます』
・『人に恵まれてありがたい』
・『ありがたい』
など。



②運が悪い人の口ぐせ

・『運が悪い』
・『あの人の(この環境の)せい』
・『時間がない、お金がない、〇〇がない』
・『あの時はよかった(あの時に戻りたい)』
・『うまくいくはずがない』
・『自分は人に恵まれない』
・『いちいちうるさいなぁ。めんどくさい、だるい、しんどい』
・『自分はツイてない』
など。


上記はほんの一例ですが読んでみてどうだったでしょうか。

こうして普段使っている言葉を文字にしてみると
気づくことも多いと思います。

もし②の方を多用していたら①の言葉を思ったり口に出すようにしてみてください。
周りにあなたが思う”運の良い人”、”運が悪い人”の口癖を観察してみてください。
①も②もたまたまそうなったのではなく
いずれの言葉も使い続けて習慣になっていることがわかります。

これまでの習慣の結果が今の自分なら、
習慣を変えることで結果を変えることができます。


言葉は思考を作り、態度や表情、行動に現れて
それらを積み重ねることで習慣になります。

いきなりキツい筋トレやランニングを始めるのは腰が重いものですが、
使う言葉から始めるなら場所も器具も時間も必要ありません。

『産んでくれてありがとう』
『私はとても幸せだ』
『この世はなんて面白い魂の学校だ』
『やっぱり自分は運が良い』

どんな言葉でも構いません。
これまでそんな言葉を遠ざけていただけかもしれません。
それが習慣となって知らず知らずのうちに幸せ恐怖症になっていたのかもしれません。

この世にやってきたということは、あなたの魂はこの世でいろんなことを体験して学ぶぞ!という
強い成長意欲を持った魂です。


ともに学んでいきましょう!


合掌。


■HPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)



by hal-min | 2020-12-08 20:50 | スピリチュアル | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/31881757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 12/9 酸っぱいブドウ 12/7 こんな時は逃げろ >>