12/12 来世に持ち越さないように

”何かをした後悔”と”せずの後悔”。。。

同じ後悔でもこの二つは全く違います。


何かしたことの後悔は自分にとっての良い体験にもなり、
その後悔は時間が経てば経つほど小さくなっていきます。

しかし、”せずの後悔”は時間が経てば経つほど大きくなっていきます。

『あの時やっておけば今頃どうなっているんだろう』とか
『あの時行動しておけばよかった』と
何年経っても忘れることができず年月が経つほど『あのときあのとき』の
思いは強くなります。

過去に縛られることも多くなります。
”できない理由”や”言い訳”のレパートリーも増えます。

そして今世ですることを来世に持ち越します。
しかもわかっててやらなかったことは、
来世ではその問題集の難易度が上がった状態でやってきます。

先延ばしにしていたことに重い腰をあげて取り組んでみたり、
なにかを学んだりしてきましょう。


5年後10年後もっと先、20年30年後に
『あれをやっておけばよかった』
『2020年のあの時、やっておけばどうなってただろう』と
後悔しないために、今やっておけることはやってみましょう。

全部とはいいません。
ほんの少しでもいいのです。
やってみる価値はあると思います。


かなり前にある人から聞いた話なのですが、
80何歳か90何歳かのおばあさんがいて
英語を覚えてみようとしたそうです。
年老いてから新たなことにチャレンジするってすごいですよね。

しかし、身内や周りの人は『そんな歳で英語習ってどうするの?』
『海外にも行かないのに英語を覚える意味なんかあるの?』と
言ったそうです。

そう言われたおばあちゃんは怒るのかなぁと思ったら
否定的なことを言う人にこう言ったそうです。

『今からちょっとでも英語を習っておいたら
今度生まれ変わった時に英語を始めるときに楽でしょ』と。


とてもズシンとくる言葉ですよね。
そしてものすごく素敵な思考ですよね。


今世で解ける問題集は今世のうちにとりかかってみましょう。


合掌。

■HPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

by hal-min | 2020-12-12 00:56 | スピリチュアル | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/31886594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 12/13 怒らせてはいけ... 12/11 良い言葉には天... >>