12/26 ”苦”が生じた時の処方箋

心がしんどい時というのは様々な原因があります。

・まだ起きていないこと。
・もう過ぎ去ったこと。
・人からどう思われているか。
・人を変えたい。

などなど。。。。


一見それぞれ違うことのように思えますが、
共通していることがあります。

それは、”コントロールできないことをコントロールしよう”としていたことです。

つまり、自分ではどうすることもできないことであったり、
自分の範疇を超えた領域に踏み入ろうとしているからです。


まだ起きていないことに先回りして不安になっても解決できません。
もう過ぎたことにこだわっても物事は解決しません。
人からどう思われているかということも自分では決めることができません。
人を変えることもできません。

思い通りにいかないと思った時に”苦”が生じます。


なので、これらをどう捉えるかです。

例えば、、、

まだ起きていないことに先回りして不安になる→今目の前のことに取り組むことが未来につながる。

もう過ぎたことにこだわってモヤモヤする→過去の体験から自分はいろんなことを学べた。

人からどう思われているか不安だ→それは相手が決めること。

人を変えたくてイライラする→そもそも人を変えることはできないのだから自分が変わって相手に良い影響を与えよう。


コントロールできないことをコントロールしようとすればするほど、
体は固まるし、考えも煮詰まってしまうしずっと堂々巡りになってしまいます。
そんな時は上記のように捉え方をちょっと変えてみましょう。

運気の流れは確実に変わってきます。

さらに良い方へ向かいますように。


合掌。


■HPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)








by hal-min | 2020-12-26 23:59 | スピリチュアル | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/31912900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 12/27 『うまくいった... 12/25 接する人皆教師 >>