1/20 人をアゴで使う人への接し方

あなたの上司や目上の人、立場が上の人の中で
人をアゴで使うような人がいたら
相手の土俵に上がって怒りのエネルギーを燃やすのは
やめてみましょう。

そして、その人が本当に人をアゴで使うに相応しい人かどうかを見極めることです。

大抵の場合、そのような人は何かしらのコンプレックス(劣等感)を
持っているものです。
人を見下すことで自分が周りよりも高い位置にいると
思い込みたいのでしょう。
そうすることで一時的な満足感を得ているのです。
そのようなことで永続的な満足感や幸福感は得られません。

そして一時的に満足しても常に『自分より優れているかどうか』の
アンテナを立てていなければいけないので
恐怖と怯えと常に背中合わせです。


なのでムキになって対立すると
さらにあなたを力でねじ伏せようとするので
余計な時間と労力を注がないといけません。
それはとても勿体ないことですよね。

そんな時は一呼吸置いて
『あの人はえらそうにしているけど、常に恐怖と背中合わせで寂しい人なんだ』と
思ってみましょう。

不思議なことに、
ずっと怒っている人や人をアゴで使ったり見下している人は
直接あれこれ言い返すよりもそのように思うだけで
あなたを標的にしてくる頻度が減ってくるのです。

なぜだと思いますか?

そのような人は『可哀想な人だなぁ』と思う目で見られると、
『自分の核の部分を見抜かれた!』と気付くことに非常に敏感だからです。
そうして弱い部分を強がったり見下すことで本人は隠しているつもりでも
実は怒鳴ったり偉そうにすることで、隠したい部分を自ら宣伝していることを
悟られるのが最も恐れます。


もし、人をアゴで使ってもいい人がいるとすれば、
足の裏にタコやマメがいっぱいできるほど動き回っている人でしょう。
そんな人からあれしろこれしろと言われても
人の何十倍も行動しているのですから素直に『はい!わかりました!』と言えるでしょう。


この世を生きていると出会う人全てが親切で優しい人ばかりならいいのですが、
それはそれで魂の成長はなかなかできません。
しかし、ごく少数でも必ずややこしい魔界人が紛れ込んでいることで
気づきや学び、自分を変える速度を早めることができます。

つまり、嫌な人というのはあなたの魂の成長速度を早めてくれる人でもあるのです。

怒りや腹を立ててばかりいるよりも、
『魔界人さん、学ばせてくれてありがとう!あなたのおかげでいろんなことを学ばせてもらえた!』と
思ってみましょう^^

すると不思議なことに嫌な人は徐々に向こうから離れていきます。
それは”その人からの学びが終わった”からです。

その人からの学びを終えたあなたは、また一段、魂のステージが上がっていきます。

日々学びですね!


合掌。


写真は以前製作した
ディープローズクォーツとラリマー、ブラックラブラドを
組み合わせたブレス😀
1/20   人をアゴで使う人への接し方_c0111102_22094033.jpeg

■HPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)






by hal-min | 2021-01-20 22:13 | こころ | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/31955154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 1/21 聴きチカラ 1/19 すでに持っているもの >>