3/16 チャップリンの言葉と先生のご紹介

まだ右も左もわからない10代の頃、
何気なく読んでいた雑誌に
”世界の三大喜劇王”と呼ばれるチャーリー・チャップリンの
言葉が引用されてて、
その一言が当時の自分になぜか衝撃的で
今でもその言葉は心に残っています。

チャップリンのその言葉とは、

「人生はクローズアップで見れば悲劇、ロングショットで見れば喜劇だ」という言葉です。

小さな問題や悩みが生じたとき、
私たちは無意識にその部分だけをクローズアップしているんでしょうね。
私もそんな時はあります。
その度にカメラをグーーーンと引きのようなイメージにして
『ロングショットで見れば笑い話になる時がくる♪』と思いながら
対処するようにしています。

10代の当時、何気なく見た言葉は今でも自分の人生にいろんな気づきを教えてくれます。

日常の中で心に残る言葉、心に響く言葉を見つけたら、
その時は役に立たないこともあります。
しかし、起きる出来事に無意味なことはありません。
もしかするとそれは未来の自分へのメッセージなのかもしれませんので
メモなどして残してみましょう。

きっと役に立つ時がくるでしょう。

人生最後の日に『いろんなことがあったけど面白い人生だった』と思いたいですね^^

後悔のない人生を歩まれますように。

合掌。



岸田天道のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)



by hal-min | 2021-03-16 00:24 | スピリチュアル | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/32042716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 3/17 違和感は最高のサイン 3/15 使えば使うほど増... >>