4/12 おかげさま8割、実力2割

一見、自分の実力に思えることでも
実は”おかげさま8割、実力2割”です。

自分一人で成し遂げたように思えても、
自分の実力はたったの2割です。
あとの8割は
周りの人の協力や環境、様々なタイミングに
恵まれることで成り立っています。

8:2の法則”というのはどんなことでも当てはまります。

例えば、この仕事をさせていただいている私が言うのもなんですが、
現実8割、見えない世界2割くらいがちょうどいいものです。

スピリチュアルなことばかりに100%、もしくは
現実世界100%というように
どちらかだけになると
心は凝り固まって、その人の目は完全に”イッて”しまいます。


私は小さい頃から人の口癖や行動をよく観察するのが好きで、
特にその人が普段使っている言葉(口癖)をよく見ていました。

成人して年月が経つにつれて
人の口癖の中でも、ある言葉を使っているかどうかを
見るようになりました。
たくさんの人と接するようになり
自分なりのデータも蓄積されていき、
その言葉に注目してから確信に変わりました。
運に恵まれたり、少々の困難があっても
周りが協力してくれたり、何かしらのタイミングが
バチっと合ってスムーズに解決していく人っていますよね。
その人たちは共通して何気ない会話のなかで
ある言葉を口にします。

その言葉とは”おかげさま”と”たまたま運が良かったんです”です。

人が普段何気なく話している言葉は、
本人が普段心で思っていることが
口癖となってよく現れます。


『おかげさまで』と無意識に言うということは
その人は普段から”日向があるからお陰さま”という思考があるからです。

『どうだ!』ではなく『たまたま運が良かったんですよ』という人もそうです。
自分は運がいい”、”私は運に恵まれている”という思考があるから
ふとした時に言葉にでます。

周りの協力や環境があるからこそ
今の自分があるんだという思考は、
どうやら運や人、天が味方してくれるようです。

やはり、ここでも8:2の法則は働いているようです。


上記の逆、つまり10:0だと運も人も天も味方をしてくれません。
例えば、家中のあちこちに魔除けのお札を貼りまくって
神社に行ってはお願い事ばかり、
目の前のこともしないで全て神頼み。。。。
なのに人相も悪く運も悪いまま。

もしくは完全現実思考で感謝もありがとうもお陰さまもなく、
全て自分の手柄というのも10:0なので
やはり誰も味方をしてくれません。

どんな職業であろうが何歳であろうが
どんな環境であろうが
おかげさま8割、実力2割”の思考はうまくいくように思えます。

そこに近江商人の教えでもある”三方よし”の思考が加わると
運はどんどん上がります。
(三方よしとは、近江商人の教えで、
三方は『売り手よし、買手よし、世間よし』を表します。
他にも『自分よし、相手よし社会よし』とも言われいます)
自分もよくて相手もよくて世間にも良いこととは何かを常に考えなさいという教えです。

この考えはいくら時代が変わろうが常に必要とされる考えです。

お陰さまと三方よしは足し算ではありません。
掛け算となってさらに良いものが増幅します。

威張る人は問題外ですが
もしあなたの周りに何気ない会話の中で
『お陰さまで』、『運が良かっただけですよ』という人がいたら
接する機会を増やしたり、よ〜く話を聞いてみてください^^
そして真似てみてください。

”学ぶ”は”真似ぶ”からきています。

きっとあなたの心の何かがキラッと輝き出すでしょう。


おかげさま8割、実力2割”、、、早速日常の中にその思考を取り入れてみましょう!


---------------------

岸田天道のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)


by hal-min | 2021-04-12 06:50 | スピリチュアル | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/32084983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 4/13 信じるという言葉の正体 4/11 悩む習慣 >>