4/7 良縁にるか悪縁になるか見つける方法

人との関わりや巡り合わせを”縁”といいます。

見知らぬ人に道を尋ねるだけのような浅い縁から、
親兄弟の身内や職場、親友などの深い縁まで縁は様々です。

浅い深い関わりなくどうせなら悪縁よりも
良い縁、良い巡り合わせが多い方がいいですよね。

第一印象や早い段階で明らかに『この人とは関わりたくないなぁ』というのは
とてもわかりやすいので今回は省略します。

今回は、『この人親しみやすいなぁ』と思うと縁を深めたいと思って
接しているうちに『もっと早く見抜いていれば。。。』と何度も後でガッカリしたことは
誰もが何度かは体験したことがあると思うので
今回はそのことについて書いていきたいと思います。

もし自分に早めに見抜ける特別な能力があれば、、、そう考える方も
いらっしゃると思います。
しかし、そんな特別な能力は実は必要ありません。
”ある見抜き方”を知っていれば
人と縁ができるたびに占い師に聞きに行く必要もありません。


その見抜き方とは、
その人が逆境に立たされた時やピンチな時に
どのような言動や行動をとっているかを見ることです。
『なんや、そんなことか』と思うかもしれませんが
めちゃくちゃ重要です。


なぜそんな時にその人がどんな行動や言動をとるのかを
見ることが重要かというと、
人はピンチや逆境の時に本性が出るからです。


普段仲の良い友達が、あなたとその友達の仲を裂こうとする人がいたとします。
その人があなたの友達に『あの子と仲良くしてたらどうなるかわかってる?』と言われると
その友達はあなたを選ぶか裂こうとする人を選ぶかという
ピンチに立たされます。
その時に仲を裂こうとする人の言われるがままになるか、
『あんたらにそんなこと言われる筋合いはない』と毅然として言えるか
本性を試されます。

そんなことで離れていくようならそこまでの人です。
毅然とした態度であなたとの関係を死守してくれたなら
ご縁は深めていくべきです。


他にも、知り合いがお金や健康、精神面に困っているときも
その人にとっての逆境の時です。
そんな時に手当たり次第お金を借りまくっていたり盗んだり、
調子が悪いのは人のせい環境のせいにしているかしていないか。。。。
もしくは、ピンチになるということは『自分にも何かしらの原因があったはずだ』と
自分の頭を叩ける人かどうか、ピンチになったらある日突然姿をくらませないか、、、、
そういう部分を見ていきましょう。

人は順風満帆の時、順境は調子がいいですから
いいことはいくらでも言えますがそんな時は本性は身を潜めています。

ピンチや逆境の時ほど人の本性は出ます。
もちろん、その人の器がよく見えます。

その時の言葉、言動、行動をじっくり観察してみてください。

何年、何十年もしてから『そんな人だと思っていなかったのにガッカリ』といことは
グンと減ります。

もう一つ、もっと簡単な見分けかたがあります。

最初はいくら優しかったりしても時間が経てば”威張る人”です。


文章ではうまく表現できなかったですが
上記の2点は頭の片隅に置いててくださいね^^

良縁がどんどん増えていきますように。


合掌。


岸田天道のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
不定期ですがお得情報をお届けします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ) 




by hal-min | 2022-04-07 03:58 | こころ | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/32547459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 4/7 今の自分にちょうどいい 4/6 『順調に〇〇』とい... >>