4/10 3種類の怒りの向き合い方(あなたはどれ?)

誰しもカッとなったり、腹わたが煮え繰り返りそうな時、
怒りが込み上げてくる時というのは体験したことがあると思います。


そんな時、おおよそ三つのパターンになります。
私もこんなことを書きながら耳が痛い思いで書いています(笑)


お釈迦さんの教えでも”腹が立ったとき”を三つに分けられています。
この三つは、一流、二流、三流と分けることもできますし、
実年齢でなく魂年齢の幼児、青年、大人と分けることもできます。


私は”魂年齢の幼児、青年、大人”という表現で書いてみたいと思います。
定義はこうです。


(お釈迦さんは怒りのことを”蛇”に例えられています)
────────────
腹が立ったとき

1・魂年齢が幼児の場合怒りの蛇を口から出す。
(脳と口が直結したような感じですね。
怒りを怒りで返すというような感じともいえますね)

2・魂年齢が青年の場合口から蛇を出すのをぐっと堪えてギリギリと歯を食いしばる。
(怒りが脳から心を経由して
『今それを言うと後々取り返しがつかなくなる』という思考ですね)

3・魂年齢が大人の場合胸の内の蛇が狂い暴れていても顔に出さない。
(この域に達することができれば良いですよね。当然私は到底達していません😅)

────────────

誰しも1のような体験をして後々『なんで言ってしまったんだろう』と後悔をします。
これは体験した事がある方も多いんじゃなでしょうか。
もちろん私もです😅

もちろん、上記のことが正解ではありません。
あまりにも理不尽な時には話は別です。

日常の中でムカっとした時や腹が立ったとき
『今、自分は1、2、3のうちのどれでいけるだろうか』と
思うだけでも魂レベルは上がっていくのではないでしょうか。

今回は”怒りが出てきた時の3つのパターン”を紹介しました。


次は、”腹が立った時の後”の向き合い方を書いてみたいと思います。


心が鎮まりますように。


合掌。


岸田天道のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

by hal-min | 2022-04-10 05:02 | こころ | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/32550580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 4/11 腹が立ったその後... 4/9 笑っている方が得(徳) >>