4/14 1000分の1の人の特徴

1000分の1の人に共通すること。。。。もしかしたら
5000分の1や10000分の1かもしれません。

そう聞くと、自分とは程遠い存在の人とか
めちゃくちゃ特別な人というように思うかもしれません。


特別な存在は有名人やトップアスリートのような人だけではなく、
私たちの身近にも”スゴい人”はいます。
もしかしたらあなたがその人かもしれません。
もしくはその人たちに共通していることを知って
同じことをすればどんな分野であっても”スゴい人”になれます。

その人たちは必ずといっていいほど
共通していることがあります。

まず一つは、
うまくいっている時こそ、なぜうまくいっているのか原因究明する”ということです。

何それ?って思いますよね。
普通は、うまくいっていない時に、なぜうまくいかいかを原因究明するはずですよね。
”スゴい人”はそれはもちろん、そのような時も『なぜうまくいかないのか』を探っていきますが
その時だけ原因究明していたら当たり前のことを当たり前にしているだけです。
しかし、うまくいっている時は順調な時なので
ほとんどの人は『うまくいっている原因』を知ろうとしませんが、
”スゴい人”は逆境(うまくいっていない時)も順調な時もその原因を探ります。

なので、もしあなたが今、仕事や人間関係でうまくいっているなら
”なぜいま自分は順調なんだろう。その原因はなんだろう”と分析してみてください。
もちろん、その逆なら”うまくいっていない原因”を分析してみてください。


ここで1000人のうち500人くらいは『バカバカしい』と思うでしょう。

そして450人くらいは『それくらいなら簡単だ!やってみよう』と思ってくれると思います。

さらに49人は実際に実践してみると思います。

さらに1000人のうち1人だけは”やり続ける”でしょう。

それが1000分の1の人、つまりスゴい人です。


私は勉強嫌いだったので夏休みは遊んでばかりでした。
しかし同じ勉強嫌いでも勉強し続けた友達は2学期から賢くなっていました。
一時的にみてもそこですごく差をつけられたのですから
それを何年も積み重ねてきた当時のその友達はスゴい人になっています。

勉強だけではありません。
スポーツでもそうですし、絵を描くのが好きな人ならとにかく書き続けてスゴい人になっているはずです。

仕事でもそうです。
趣味でもそうです。
全国の駅の名前を言える人もそうです。

”やった”のではなく”やり続けて”いるはずです。


多くの人は『そんなの続けてたらうまくいくのは当たり前だ』と言うでしょう。
ではそう言う人に『じゃああなたは信念を持って何かをやり続けていますか?』
『うまくいっているときの原因を探っていますか?』と聞けば
ほとんどの人は黙ってしまうでしょう。


人の体の中で、脳は最もカロリーを消費します。
人の体はできるだけ脳のカロリーの消耗をしないようにしないように設計されていますから、
『深いことは考えないでおこう』とか『なぜそうなったか』(面倒なこと)にエネルギーを
消費しないように設計されています。
しかし、脳は使わないとさらに怠けます。


日常の中で逆境の時に『うまくいかない原因は何なのか』ということに加え、
順調な時に『なぜ今こんなにうまくいっているのか、その原因は何だろう』と考えてみましょう。

そして、好きなことや興味のあること、与えられた役目を
やり続けてみましょう。

必ず”スゴい人”になれます。

これを読んでそうし続ける人は1000人に1人だと思いますが
その1人を目指してみる価値は充分にあるのではないでしょうか。


1人でも増えますように。


合掌。


岸田天道のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)
環境の変化

by hal-min | 2022-04-14 05:01 | こころ | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/32554944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 4/15 出る杭は突き抜けろ 4/13 まいた種の刈り取り作業 >>