5/20 時には一時退却

頑張らないといけない時や、
努力して乗り越えないといけないこともたくさんあります。

しかし、時と場合によっては
しなくてもいい努力もあります。
乗り越えずに、くぐっていくことも時には必要です。

あまりにも理不尽なことを言う人や、
してくる人に対しては
乗り越えることはせずくぐっていったり、
無理に立ち向かう努力は、自分や周りが良くなる方に使う方がマルです。

なぜなら、理不尽とは災害のようなものです。
つまり、理不尽な人というのは
”人の格好をした災害”なのです。

台風や竜巻という災害がきたら立ち向かって乗り越えようとするでしょうか。
避難しますよね。

それと同じように理不尽な人には
無理に乗り越えたり努力してなんとかすることはありません。

身近にそんな人がいたら『あれは人の姿をした災害だ。避難しよう』という
思いも必要です。

そして、辛いことを何もかも1人で抱え込むことはありません。

これまでの歴史を見てもそうです。
優れた戦国武将でも戦局によって
一時退避もあったはずです。
そこからまた戦略を練って新たな流れに持っていく場面が出てきたように、
私たちの人生も、ただただ前に進むのではなく
一時退却の時も必要です。

もし辛いことを抱え込みすぎていたら
全てを自分の中で解決しようとせず、
身近な人に話してみてください。
それは格好悪いことではありません。

頑張り続けるのも勇気が必要ですが
抱え込んだ一面を身近な人に見せることも勇気が必要です。

完璧な人なんていません。

心がパンクしそうになったら
一時退却です。

そこからまた流れが変わります。


岸田天道のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)



by hal-min | 2022-05-20 23:58 | こころ | Trackback
トラックバックURL : https://kokoroten.exblog.jp/tb/32593977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 5/22 憂鬱になったら床磨き 5/19 人間観察の機会 >>