7/24 『感謝Hz』か『許せないHz』か。。。

あれがないこれがない、
あれがあればこれがあればと
ないものねだりばかりして怒ったり
悲しい気持ちになるよりも、
いますでにあるものに感謝した方がいい。

ないものに意識を向けるとどうなるか。。。。

『ない、ない、ない』が電波となって
遥か宇宙でそれが増幅されてやまびこのこだまのように
返ってきます。

ある特定の『ない』ということだけでなく、
様々な形で『ない』という状況が起きます。
起きますというよりも叶うと表現した方がしっくりくるかもしれません。

例えば”時間がない”、”親切にしてくれない”、”仲良くできる人がいない”、
”必要な物がない”、”就職が決まらない”、”落ち着く余裕がない”というような形で
現実世界に現れます。

だからといって何も怖がることはありません。

冒頭でも書いたように”いますでにあるもの”にまず目を向けます。

ものを見ることができる目ん玉があること、
歩ける足があること、
雨露をしのぐ住居があること、
親切にしてみようと思うことができる気持ちがあること、
それらの”いますでにあるもの”に意識を向けてみてください。

無数の『ある』があるはずです。

そしてそれらの”ある”に
『自分にはこんなにたくさん感謝できるものがある。
それらは有り余るほどある。なんてありがたいことだ』と
最初は心からそう思えなくてもいいので思ってみてください。

何度も何度もです。
”ある”の電波が遥か宇宙で増幅され、
様々な姿形を変えて”ある”という形で現実世界に現れます。

しかも単に”ある”のではなく『有り余るほどある』と思い、
感謝しているのですから
”有り余るほどある”という形で返ってきます。


中には『そんなことおまじないみたいなものだ』とか
『そんなことで良いことが起きたら苦労はしない』という方も
いらっしゃるかもしれません。
もちろん、そのような考えの方もいて当然ですし、
非科学的と捉える方もいたり考え方は人それぞれです。


そして、非科学的と思う方は科学的なアプローチで
掘り下げて調べてみてください。
”量子力学”や”原子”、”素粒子”や二重スリット実験のことなどにたどり着くはずです。

そしてそれらは物であろうが人であろうが動植物であろうが
思考であろうが空間であっても
それぞれの振動数があることに気づくはずです。

”ない”には”ない”の振動数が、
”ある”には”ある”の振動数、
虚しさや怒りにも感謝にもそれぞれの振動数があります。
そして同じ振動のもの同士がくっ付きます。

振動数というよりも電波でよく使われる〇〇Hz(ヘルツ)だと聞いたことがあると思います。

自分の思考がいま『あるHz』を発しているのか、
ないHz』を発しているのか
または『感謝Hz』なのか『許せないHz』なのか
どんな電波を強く発信しているか常に自分の電波状況を
見ていきましょう😀


とてるもなく良いことが起きますように😀

岸田天道のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

by hal-min | 2022-07-24 22:50 | こころ | Trackback


<< 7/25 鏡の法則 7/23 思考と成長が止ま... >>