2/22 李下に冠を正さず

『李下に冠を正さず』
・季(スモモ)の下で冠をかぶり直すために手を上げると、
すももを盗ろうとしているような誤解を与えると言う意味。

他に似たような例えで
『イチゴ畑で靴紐を結ぶ』というのもありますね。
意味は冒頭と同じ感じです。


今の時代でいうと
お店など(例えば高売り店など)でポケットに手を出し入れするようなものでしょうか。

いくら取っていない、そんなつもりはないにとしても
誤解されるような行動はしないでおこうね。。という意味です。


小さなことかもですが
大昔からそのような教訓が今この時代でも
語り継がれているということは、
いくら時代や人の営みが変わっても
人の本質は変わっていないということですよね。


人は見ていないようで見ているかもしれない。
もし見ていなかったとしても
神さん仏さんは見ています。


ちょっとした行動かもしれません。

しかし、いつの時代も、そのちょっとした行動や
心配りは大事です。

────────────

岸田天道・三波蓮のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

🔸ヒーラー三波 のブログはこちら>>>


───不定期でお得情報を配信しています───
LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

by hal-min | 2024-02-22 23:39 | こころ | Trackback


<< 2/23 今の自分に。。。 2/21 16タイプの性格テスト >>