2/5   喧嘩(けんか)

先日の続きのような感じなのですが、
まずはお読みください。

学校や職場のようなところでは必ずといっていい程、嫌な人がいます。
特に嫌な人がいると気になってしまい、その人の行動や言動、
仕草、声、性格など全てが嫌になる時があります。

本当は前世を探り、その人と前世ではどんな人間関係で何を果たせなくて
今世にどのような人間関係で現れ、どんな事を乗り越えなければならないのか(カルマ)を
知る必要があります。
『じゃあ私の前世は何?!あの人は前世でどんな人?!ハァハァ〜ハァ!』
スゴク気になりますよね。
でもちょっと待ってください。ひと呼吸〜。
この世で出会う人のほとんどが前世、前々世、もっと前の前世で何らかの
人間関係があった人です。
そして、この間からブログで何度か書いていますが『起きること全てに意味がある』
ということに繋がってくると思いませんか?

この世でもそうですがずっと仲の悪かった人と仲直りしたことはありませんか?
気分がいいですよね?気分が良い、気持ち良いというのは魂が喜んでいるサイン
なんです。これは魂が何度生まれ変わっても数々の前世を記憶しているんでしょうね。
だから魂は『やっとこの人と仲良くできた』とか『やっとこの人を許せるようになった』
と前世で出来なかったことの宿題(カルマ)ができた事の喜びのサインでもあると
私なりに解釈しています。

私の場合、誰かと仲直り出来たということは、前世でも仲が悪くて、
それを今世にも持ち越した。そして仲直りできたということは
前世の宿題が出来たんだ!と前世を霊視する前に考えるようにしています。
(全ての人を霊的な角度からばっかり見ていても成長しそうにないですよね)

話が逸れてしまいましたが冒頭で書いた学校や職場で仲の悪い人や
嫌いな人は許したり、謝ったりしたら改善される事がほとんどだと思います。
しかし、私にも経験がありますがいくら誤っても、いくら許してもうまくいかない
パターンもあります。

タイトルの『喧嘩』を例にあげてみましょう。
職場で嫌な人がいました。
その人は自分の事は棚に上げて人のあら探しをしたり、ややこしい仕事だけ
人に振る。その人に対しムカムカしていました。
ある日、ちょっとした出来事で衝突し、喧嘩になり、『これも意味がある事』と思い
その人に勇気を出して謝りました。相手も謝り一件落着かと思えば
謝ったはずなのにその人は色んな人に陰口を言い歩きます。
『え〜?謝ったのになんで?私は許したのに〜!許したら許されるんじゃないの〜?』
という戸惑いが出てきました。

このような場合、あなたは謝りました。許しました。感謝しました。
じゃぁOKです。何も不安にならずに堂々としてください。
そして継続してその人の幸せを願ってあげてください。
あなたは前世での宿題(カルマ)が出来たんですよ。
すごいじゃないですか!あとはその人が宿題が出来るかどうかですよね。
じゃあ願ってあげてください『私は気付いたよ。だからあなたも
早く気付いて宿題をしてね』って。

そしてもう一つ思い出してください。
人を憎んでいると必ず人から憎まれるということです。
その人はあなたに対し一応は謝りましたが他の人に陰口や悪口を
言い歩いているんだから、その人はいずれ多くの人から
悪口を言われたりするということです。
職場で起きたことだから必ずしも職場の人からしっぺ返しが
来るとは限りません。ご近所だったり通っているジムの人だったり。。。
もしかするとその人自身ではなくその人の子供に返ってくるかも分かりません。
しかし絶対に逃れる事はできません。

その人はこういう事が何世も繰り返しているのかも分かりませんね。
こいうのもよく耳にする『因縁』(いんねん)の一つだと私は思います。

だからこの仕組みを知っているあなたは堂々と魂をレベルアップして下さい。
そして同じ目線だったから腹が立つんです。
何段階もアップしたあなたは、この出来事をまるで雲の上から見ているような
感覚になります。そして見おろしている光景にはその人がまだあなたの事を
悪く言い歩いています。心に余裕ができたあなたはこう言います。『まだそこに
いるの?早く気付いてね。』

という訳。。。。これがよくいう『因縁を断ち切る』というやつです。
霊能者の私が言うのも変ですが、
よく、因縁を断ち切るにはご祈祷しなければならないとか、
悪い霊の仕業とか言われますが全てがそうではありません。
ほとんどの場合は自身で乗り越えられるようになっています。

ね?思いの世界と霊界は一つだと思えてきませんか?
だから私は『まず心(魂)の整理整頓』が先決だと思います。

注!   決して見下して(みくだして)はいけません。
       見下して(みくだして)しまうとあなたも将来は、、、、、、。
       だから『早く気付いてね』って願います。

まずは、このように考えてから前世を探ってみるともっと見方が変わります。
by hal-min | 2007-02-05 00:00 | スピリチュアル


<< 2/6   結界(けっかい) 2/4   魂の年輪(たましい... >>