6/11 一つ(すべてが)

鳥は空から地上を見ている。
私たちは空が上、地上が下というように
目に見える世界では認識している。
これは目に見える世界での光景。
一旦、上や下という概念を無くしてみる。
この状態で空を見る。
仰向けになって。
空、雲、草、花、宇宙、意識、魂、時間、空間、
あらゆるもの全てが混ざり合う。
混ざり合い、溶け合う。
全てが一つになっていくのがわかる。
この時、身体の感覚はなくなる。
この時、この世で使う意識は段々、遠のいてくる。
そこから先、感じるものが魂。
この時、魂が『無』を教えてくれる。
あらゆるもの全てが混ざり合う。
混ざり合い、溶け合う。
空、雲、草、花、物、宇宙、意識、魂、時間、空間、
あらゆるもの全てが混ざり合う。

全てが一つだと感じた時あなたは満たされる。

そんな気持ちで空を見て下さい。
普通に読めば訳の分からない内容ですが、
一度実践してみてください。
これを書いた意味が分かって頂けると思います。

■岸田天道ホームページ(PC用)■
by hal-min | 2007-06-11 01:55 | スピリチュアル


<< 6/12 迷ったら(はいっ) 6/10 ニコッ(くるよ) >>