7/29 宿題(ひとつでも)

『あの人はなぜ私ばかり責めるんだろう。』
『なぜあの人とは不思議な縁があるんだろう。』
『子供が二人(何人でも)いるけど、
なぜこの子ばっかり叱ってしまうんだろう。
本当は平等に接したいのに・・』
『なぜ私は自分を責めてしまうことばかりしてしまうの?』
『今まで優しかったのにあの人はなぜ変わって
しまったんだろう。以前のあの人に戻ってほしいよ』
『この人とはなぜ何でも話し合えたり理解し合えるんだろう』

誰かに対し、自分自身に対しこのような疑問を
お持ちになったことがあるかと思います。

確かに様々な出来事があってそのような壁に直面
したことは間違いないのですが、
ではなぜそのような出来事が起きるのかというのを
探っていくと、前世で重要な鍵が見つかります。

例えば私の場合のほんの一例ですが、
私とYさんは不思議なご縁で知り合いました。
私が兄のように慕っている方です。
その方と初めてお会いした時に
すぐに打ち解け、まるで以前どこかで会ったような
懐かしいような不思議な気持ちになりました。
これは『前世でも出会っているんだよ』という
サインです。
魂が肉体に宿ると過去世の記憶は一旦消去されますが
魂は全て記憶しています。
魂はその記憶を私たちに教えてくれています。

そして前世を探ると何度も生まれ変わっている過去世の中で
私は女性の時がありました。
その時に現在のYさんの前世(何世前かは省略します)
で男性の時に出会っていました。
女性のときの私はその男性のことが好きで好きで
たまらないという気持ちを持っていました。
しかし長年この気持ちを抱いていましたが
その恋は成就せず、見事にフラれてしまう結果となり、
私は立ち直ることが出来ずウジウジとそのことに
こだわっていた過去世での出来事がありました。
(詳しくはあまりにも長くなりますし、
メチャクチャ恥ずかしい部分もありますので
省略させてください^^;)

魂はそんな記憶も憶えています。
だから現世で初対面でも『懐かしい』『やっと出会えた』という
気持ちになります。

そして過去世で女性だった私はたった一度フラれただけで
諦めてしまい、ず〜っとメソメソしていたこと。
それでも好きだという気持ちを持って思いを寄せていたこと。
なのにその気持ちを伝えずにいたり、
「あの時あんなことを聞きたかった。」
「あの時諦めなければよかった」
など一生後悔しまくっていたこと。

そして現世では私は男性、Yさんも男性。
私のYさんに対するカルマ(宿題)は
後悔しないような人間関係を築くこと。
そして自分の気持ちを伝え、それを受け入れてもらえない時、
なぜそうなのかを諦めずに理解し合えるように
勇気を出して話し合い、より良い関係になるよう
努力すること。
他にもたくさんありますが大まかなカルマ(宿題)は
そういうことが分かってきます。

この世を生きていく上で誰もがたくさんの方と接します。
好意を持ったり良好な関係の方もいれば、
中にはなぜか一緒にいるとイライラしたり、
話もしないけど見ているだけでムカつくという
人もいることでしょう。
もしくは『この人とどのように接すればいいのか
分からない。理解に苦しむ』という人とも接することも
あるかと思います。

それは魂が過去世の記憶を現世で思い出して
いて、それを教えてくれているサインです。
そのような場合、過去世での出来事を探ることにより
その人に対する宿題が明らかになります。

なにも接する人全てにカルマを果たすことはありません。
それが出来るのであれば神です。神なら
魂を肉体に宿らせて人として生まれてきません。
もし生まれてきてきたとしても、オギャーと泣いたり
オシッコやウンチをしたり、夜泣きをしたり
親を困らせることはありません。

ですので宿題を100%仕上げることは不可能でいいんです。

だから人なんです。だから悩んだり苦しんだり
楽しんだり、泣いたり笑ったりするのです。
だからそれを体験し、魂のレベルを上げたり
下げたりを繰り返しながらしながら
様々なことをこの世で学び、魂を成長させていくのです。

今、世の中の子供達は夏休みの宿題を
頑張っています。

夏休みの宿題に取り組んでいる
子供達に負けじと、私たちもこの夏、
一つだけでもいいから宿題(カルマ)に
取り組んでみるというのもいかがでしょうか。

より良い人生にしていくために前世を知ってみることも
一つの方法です。
■岸田天道ホームページ(PC用)■
by hal-min | 2007-07-29 01:31 | スピリチュアル


<< 7/30 噴火(ふんか) 7/28 コンパス(すこし... >>