2/23 教師(みんな)

人の嫌な一面を見付けた。
それは自分の欠点。
もしくは近い将来そうなるよということを
その人は教えてくれている。

一番近いのが親。
小さい頃から『いつもダラダラしてないで
ちゃんとしなさい!』と言われませんでしたか。
そのときあなたは、こう思ったことがあると思います。
『自分らだって同じじゃないの!』って。
もしくは『人のこと言えるのか?』って。

そうして私たちは大きくなっていきます。
そして子供が出来るとこのように言います。
『いつもダラダラしてないでちゃんとしなさい!』
子供の時に聞くのが嫌だった言葉。

すると子供はこう思います。
『自分らだって同じじゃないの!』って。
もしくは『人のこと言えるのか?』って。

人に注意することとは、
自分の改善点を発見することと深く関係があります。

反対に人の長所を見付けるということは
自分の長所を見付けることと深く関係があります。
『あの人のああいうところってスゴいわ』と
思うということは、あなた自身もそのような
一面を持っているか、周りからそう思われていますということです。

まるで鏡を見ているようです。

接する人たちは自分自身の持っている色んな一面を
教えてくれている『教師』です。
長所も短所も。。。
『接する人皆教師』

学校で接する気が合う人、合わない人。
職場もそう。

『接する人皆教師』
そう考えるとこの世に敵はいません。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-02-23 21:20 | こころ


<< 2/24 葉っぱと根っこと... 2/22 爪(かみかみ) >>