5/12 手(あたえることうけとるということ)

あんたの手は大事な人の手を握ってあったかさを
伝えるためにあるんや。
あんたの手は辛い時に大事な人からあったかさを
もらうためにあるんや。
それが次々とたくさんの人にリレーするんや。

憎しみを持った手は憎しみをリレーさせ、
嫉妬を持った手は嫉妬をリレーさせ、
悲しみを持った手は辛さをリレーさせる。
でも自分がリレーさせたずっとずっとむこうの知らない誰かが
それらを必ずあったかさに変えてくれる。
で、自分に戻ってくる。

それを素直に受け取ったらいいねん。
うれしいやろ?
気分良いと感じたやろ?
それはあんたが愛されてるっていうことや。

そしてこんな意味もあるんやで。
『うれしいとか気分良いという気持ちを受け取った
ということは以前自分は誰かに同じように
うれしいことや良い気分を与えたことがリレーして
返ってきたんや』って。

受け取ったということは与えたんやで。
与えたということは受け取っていいんやで。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-05-12 00:19 | スピリチュアル


<< 5/13 色眼鏡(たまには... 5/11 日々是好日(ひび... >>