6/13 一寸五分(おおきなそんざい)

『一寸の虫にも五分の魂』。
一寸ほどの小さな虫でも五分という
体の半分もある大きな魂があるいう意味です。
【一寸→約3センチのこと。
五分→一寸の半分のこと。】

そして誰もが大きな存在でだということです。
だから自分より弱い人や劣っている人を
見下してはいけないという、戒め(いましめ)の意味もあります。

また、誰かからバカにされたり
見下されても『一寸の虫にも五分の魂だぞ!
今にみてろよ〜』という自分を奮い立たせる時にも使います。

誰もが大いなる存在です。
無価値な人はいません。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-06-13 01:33 | スピリチュアル


<< 6/14 自分に必要なこと... 6/12 壁(せいさくちゅ... >>