2011年 08月 22日 ( 1 )

8/22 アリとキリ(こうかい)

アリとキリギリスの話を知っている方は多いのではないしょうか。

私はどちらも、どちらの生き方も
あっていいと思う派です。

精一杯その日暮らしを悔いなく夏に
好きな歌を歌いまくったキリギリスは後悔もないでしょうし、
夏の間、冬に備えてせっせと
エサを巣に蓄えるアリもまた、
冬になれば『夏に頑張ってて良かった!』と
冬に後悔なく思えるでしょう。

ここで重要なのは『悔いなく』ということが
キーワードになります。

中途半端にその日暮らしを楽しんだ
キリギリスは冬になったとき
『アリさんのようにすればよかった。。』
『悔いが残らないほど喉が枯れるまで歌えばよかった。。。』と
思うでしょう。

アリもまた同じです。
『嫌々、夏に頑張る(頑張るフリを)んじゃなかった』、
『やらされてる感ばっかりで夏を過ごすんじゃなかった』と
思うでしょう。

いずれも共通するのは『後悔』です。

後悔したキリギリスが、冬に文句を言ったって、
後悔したアリが、夏に文句を言ったって、
宇宙(神や仏)は同情しないでしょう。
でも諭す(さとす)でしょう。

そしてこう言うでしょう。
そしてこう諭すでしょう。
『キリちゃん(キリギリス)、冬に文句を言う前に夏に本当にその日暮らしに努力しましたか』
『アッちゃん(アリさん)、夏に文句を言う前に本当に冬のエサの蓄えに努力しましたか』と。

『どう生きるか』も大事ですが、
『どう生きることができたか』はもっと大事だと思うのです。

なぜなら、後悔しないためであったり、
後悔を一つでも減らす努力こそが
魂の世界では重要視されるからです。

もちろん、これは私なりの解釈なので
人それぞれの解釈があると思います。
正解なんてあってないようなもんです。

でも正解があるとするならば、
あなたが強い信念を持って信じた方が
あなたの正解でしょう。

では強い信念を持った方を信じるのです。
その時点であなたは近い将来に後悔するということを
ナシにするでしょう。

他にも10〜20代はキリギリス。

30〜40代はアリ。
時々キリギリス。

50代以降はキリギリス。
時々アリ。

こんなのもあります。

どんな解釈にするかはあなた自身で決めることができます。

あなたは、あなたの人生の物語の
作者ですもん。

最後まで読んでくれて感謝します。

合掌。

兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>

ちょっと体験!45分電話セッション■のページはこちらから>>>


■全てのお問い合わせはこちらから>>>

『今日も一日幸せです。
明日もこれからも幸せです。
ありがとう。
感謝します』

【375Energy】
Emerald Tablet
by hal-min | 2011-08-22 23:59 | スピリチュアル