2015年 07月 31日 ( 1 )

7/31 自慢話は劣等感のサイン

みなさんは人が話す話の中で、
どんな話が嫌だなぁと感じますか?

悪口をしている話ですか?

愚痴や不平不満が中心の話ですか?

誰かがどーしたこーしたなどの噂話ですか?

どれもが『う〜ん、、、』となってしまいますよね。

それともう一つあります。

それは、、、自慢話です。

人と話している最中に、『あ、、自分はいま自慢話ばかりしてる』と感じたときは
とても重要なサインです。

どんなサインかというと、
『いま劣等感が強まっていますよ』とか
『自分を責めていますよ』というサインです。

ときには自慢話がしたくなる場面もあると思います。

しかし、目の前のことやするべきことをきちんとしていれば、
わざわざ自慢話などしなくても
見る人は必ず見ています。

分かる人はちゃんと分かってくれています。

不思議なもので、行動しない(したくない)ときというのは、
行動しないかわりに
誰かのことを非難や悪口、陰口をあれこれ言ってしまいます。

自慢話などしなくても
目の前のことをコツコツしている姿を
人は見ていないようでしっかり見てくれています。

合掌。
by hal-min | 2015-07-31 00:24 | スピリチュアル