カテゴリ:==米ぬか石けん==( 12 )

12/12 3点(せっと)

期間:【12月13日(金)〜20日(金)

今回の期間限定企画は、この前ご紹介した古代米の米ぬかソープ
ローズクォーツのかっさマッサージプレートのセットです。

本企画の期間中に限り、
コットン100%の特製ミトンも付属します。

お風呂の時間が楽しくなるような3点セットです^^


ご興味のある方はぜひご覧下さい。


---------------------------------
期間:【12月13日(金)〜20日(金)
---------------------------------
c0111102_193510100.jpg


期間中は、画像のコットンの袋に入れてお届けします。
c0111102_1935374.jpg


今回の企画のセットには、お風呂の時間をもっと楽しんでいただけるように、
ローズクォーツのかっさマッサージプレートも含まれますので
顔や体をマッサージして、一日の疲れをリフレッシュしてください^^

c0111102_19521945.jpg


石けんを入れている袋・・・・・実は・・・
c0111102_193557.jpg


ミトンになります^^

赤ちゃんや、肌の敏感な方は、泡立てネットでホイップみたいに泡立てた泡を、
ミトンに乗せて優しく洗うことができます^^

(ミトンはコットン100なので安心してご使用ください)
c0111102_1935816.jpg


古代米の米ぬかソープ【顔も身体もこれ一つ】

・メイク落としでご使用の場合、泡立てネットで育てた泡での
 W洗顔をおすすめします。

・お風呂でご使用の場合は、泡立てネットを使用すると、
 よりきめ細かい豊かな泡になります。

・乾燥肌の方や赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層に楽しんでいただけます。
c0111102_1935138.jpg


古代米の米ぬかソープの材料です。
・ベースソープ
・ラベンダー精油
・酵素(こうそ)
・はちみつ
・オリーブオイル
・紫黒米(しこくまい(古代米))の米ぬか
これらを使用しています。
c0111102_16574753.jpg


古代米の米ぬか石けん+特製ミトンに、
パワーストーンの中でも"美容の石"としても多くの方に知られている、
かっさマッサージプレートの3点セットです。
c0111102_19521945.jpg


当方が扱う、かっさマッサージプレートは、
説明書と、お風呂の中でも読めるように、厚手のチャック付きパッケージも付属しています。
c0111102_19503086.jpg


----------------------------
----------------------------
【かっさプレート】
天使の羽のような形は肌にフィットしやすい形で、
厚みもほどよく手に収まりやすい大きさになっています。

特徴のある形状が、顔から足まで全身をほぐせます。

お風呂で使用する際は使用説明書を付属の外袋に入れて、
見ながらマッサージすることも可能です。

・サイズ :約90×45mm

【ローズクォーツの持つ石の意味やパワー】

ローズクォーツは水晶の一種で
ピンクもしくは薄紅色のものをいい、
透明度のあるものから、クラックやインクルージョンなどが
混じり合って美しい模様を作り出すのが特徴です。

古くから愛と美の女神アフロディテの石、
愛と美と性を司る石とされてきており、
古代エジプトやローマでは
美容のために用いられていたそうです。

他にもラブストーンという別名が付くほど、
恋の成就そして失恋の痛手に力を発揮したり、
愛を育てる恋愛のお守りとしても有名で、
恋愛や愛情面だけにとどまらず、
若さとハリを保つサポートをする『美容石』としても
広く知られた素晴らしいパワーストーンです。



----------------------------
----------------------------


古代米の米ぬかソープの詳細内容や、
その石けんができるまでの話は、以前の記事をご覧下さいませ。

11/20 それができるまで(1)】〜(8)
11/22 できました(できました)

----------------------------
----------------------------


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【バスタイム3点セット】

セット内容
古代米(紫黒米)米ぬか特製ソープ
・特製ミトン
・ローズクォーツマッサージプレート


以上の3点セットとなります。



【石けん1個あたりの大きさなど】 直径:約6.3cm×厚さ:約2.5cm/約70g

(一つ一つ手作りなので、色の違いや重さに誤差が若干でますが、これも手作りならではの
"味"や"あたたかさ"としてご理解ください)


【価格】 1セット/2,200円

【送料】
【定形外郵便の場合(ポストイン)】
・1セットの場合。。。。。200円

・2セット以上個の場合。。。350円
(4〜5個の場合の発送方法はレターパックライト(ポストイン))

6個以上の場合は、ゆうパック等での発送となります。
(佐川急便をご指定の場合は代引きも可能です)


※発送方法は一番お安くつく発送方法を調べました。
その他ご希望の発送形態等ございましたら
何なりとお申し付けください。

-------------------------------
----------------------------------
【お渡しについて】

発送のみとなります
----------------------------------


----------------------------------
【お支払方法】
・銀行振り込み
(商品到着後1週間以内でかまいません。)
----------------------------------
----------------------------------

3点セットの受け付け期間
12月13日(金)〜20日(金)

※余裕を持ってご用意しておりますが、
欠品の際は、次回のロットは製造、熟成〜完成まで1月中旬以降になりますので、
お早めにご連絡いただければと思います。

※期間内にご依頼いただきましたら、順次発送してまいります。

----------------------------------
ご希望の方がいらっしゃいましたら
古代米ソープの専用窓口のこちらのアドレスのフォームに【バスタイム3点セット】とお書き添えの上、
数量、必要事項をご記入の上、
お気軽にお問い合わせください。■

【本企画は20日(金)am11:00までとなりますが、石けん単品での販売は従来通り行っております】
ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。



最後までご覧いただきありがとうございます。

感謝します。
by hal-min | 2013-12-12 18:54 | ==米ぬか石けん==

12/8 おしらせ(おしらせ)

c0111102_313850.jpg



----- 古代米ソープのおしらせ -----

前回好評だった古代米ソープの第二弾を近日、
ご紹介の予定です。

現在、準備をしておりもう少しで完成なので
少々お待ちくださいませ。

感謝します。


兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>

ちょっと体験!45分電話セッション■のページはこちらから>>>


■全てのお問い合わせはこちらから>>>
私、岸田天道からお返事させていただきます。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

古代米ソープの窓口はこちらのアドレスが"古代米ソープ専用窓口"になります。

『今日も一日幸せです。
明日もこれからも幸せです。
ありがとう。
感謝します』


【375Energy】
Emerald Tablet
by hal-min | 2013-12-08 03:01 | ==米ぬか石けん==

11/26 おしらせ

今回の"古代米ソープ"の企画は楽しんでいただけましたでしょうか^^
たくさんのお問い合わせをいただき
心よりお礼申し上げます。


今回、お知らせが3つあります。


【1】■発送のおしらせ

ご紹介から25日amまでにご依頼いただきました分は、
梱包、発送の準備も整い、
25日(月)に、お送り致しましたので
到着まで少々お待ちくださいませ^ー^




【2】■セッションの窓口と、古代米ソープの窓口について

古代米米ぬかソープの企画は無期限で、末長くご愛用して頂けるよう、考えております。

古代米米ぬかソープの窓口につきましては、
セッションのお問い合わせと、混在してないよう、
新しいアドレスをご用意して対応させていただくことにいたしました。

古代米ソープの窓口はこちらのアドレスが"古代米ソープ専用窓口"になります。
折り返し、発送予定日等のご連絡をさせて頂きます。


※)  岸田天道からの直接のお返事はセッションのお問い合わせのみとなります。
セッションまたはパワーストーンのご依頼やお問い合わせは、
これまで通り、ホームページの"お問い合わせフォーム"をご利用くださいませ。

セッションやパワーストーンならびに、古代米ソープのご依頼や
お問い合わせのご連絡がスムーズに皆様にできるように
皆様のご理解ならびにご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。


【3】■古代米ソープを末永くご利用いただけるために

近日、古代米ソープをご利用いただけるよう、この度ご紹介した記事にさらに詳細を加えていき、
ホームページからでもいつでもお求めいただけるように、
新しいページをつくっていきますので、
出来次第、ブログにてごご連絡させていただきたいと思います。


これからも、目の前のこともしっかりと取り組み、
ワクワクすることはどんどんチャレンジしていきますので
これからも何卒よろしくお願い申し上げます。


感謝します。

岸田天道
by hal-min | 2013-11-26 01:55 | ==米ぬか石けん==

11/22 できました(できました)

"お風呂の友" 感謝の石けんの画像も完成して詳細などの準備できました。



詳しい内容はこれまでの記事をお読みいただければと思います。


ご興味のある方は是非ご覧下さい^^

また、ご紹介までにお問い合わせいただいております皆様も
下記に詳細を掲載しましたのでご覧頂ければと思います。


c0111102_21463927.jpg




これが材料です^^
c0111102_21464267.jpg




赤ちゃんからお年寄りまで自然の香りと優しさを感じていただけます。
c0111102_21464512.jpg


【顔も身体もこれ一つ】

・メイク落としでご使用の場合、泡立てネットで育てた泡での
 W洗顔をおすすめします。

・お風呂でご使用の場合は、泡立てネットを使用すると、
 よりきめ細かい豊かな泡になります。

・乾燥肌の方や赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層に楽しんでいただけます。



数量は余裕を持ってご用意しましたが、
欠品の際は、次回のロットは製作〜熟成〜梱包まで約2〜3週間かかりますので、
お早めにご連絡いただければと思います。

c0111102_21464826.jpg






パッケージは前回の記事でご覧いたように、一つずつ丁寧に包んでいきます。
※今回のロット以降のパッケージのデザインや仕様は気分によって予告なく変わります^^
その際にはブログでご紹介致します。

c0111102_21471065.jpg






裏面はこのようになります。
c0111102_21471276.jpg


2回目からのご依頼の方で、プレゼントや贈答用など5個以上ご依頼の場合は、
下ラベルの材料の下にある部分を、、会社や各種グループ、団体のネームや、
お好きなメッセージに変更も無料で承ります。

(文字制限がありますので、まずはご相談ください)






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


古代米(紫黒米)米ぬか特製ソープ

【1個あたりの大きさなど】 直径:約6.3cm×厚さ:約2.5cm/約70g

(一つ一つ手作りなので、色の違いや重さに誤差が若干でますが、これも手作りならではの
"味"や"あたたかさ"としてご理解ください)

数量:余裕を持ってご用意しておりますが、
欠品の際は、次回のロットは製作〜熟成〜梱包まで約2〜3週間かかりますので、
お早めにご連絡いただければと思います。


【価格】 900円/1個

【送料】
【定形外郵便の場合(ポストイン)】
・1個の場合。。。。。140円
・2〜3個の場合。。。240円

・4〜6個の場合。。。350円
(4〜6個の場合の発送方法はレターパックライト(ポストイン))

6個以上の場合は、ゆうパック等での発送となります。
(佐川急便をご指定の場合は代引きも可能です)


※発送方法は一番お安くつく発送方法を調べました。
その他ご希望の発送形態等ございましたら
何なりとお申し付けください。

-------------------------------
----------------------------------
【お渡しについて】

発送のみとなります
----------------------------------


----------------------------------
【お支払方法】
・銀行振り込み
(商品到着後1週間以内でかまいません。)
----------------------------------
----------------------------------

【受付開始日時】
特にありません。

【終了日時】
特にありません。

※余裕を持ってご用意しておりますが、
欠品の際は、次回のロットは製作〜熟成〜梱包まで約2〜3週間かかりますので、
お早めにご連絡いただければと思います。



----------------------------------

ご希望の方がいらっしゃいましたら
こちらのお問い合わせフォーム
【石けん】とお書き添えの上、
数量、必要事項をご記入の上、
お気軽にお問い合わせください。


最後までご覧いただきありがとうございます。

感謝します。
by hal-min | 2013-11-22 22:57 | ==米ぬか石けん==

11/22 それができるまで(8)


この話もだいぶ進んできましたね。

読んでいただいている皆様、ありがとうございます。




昨日のつづき。。。。


20数年前、両親がハーブを栽培してお店に出しかけた頃、
同時期にハーブや自然素材にこだわったものを
一人で製造販売している、おばちゃんと父は交流も深く、

おばちゃんはいろんなものを自ら手がけています。
ハーブの化粧水、エッセンシャルオイル、ハーブシャンプー、アロマバスなど。。。

おばちゃんの数ある作品の中でも最も私のお気に入りなのが、
『米ぬかソープ』。



通常、手作り石けんのメリットは、
まず『全ての材料が自分の納得する物を材料にできること、
肌の弱い方でも安心して使用できること』などが第一にあります。

しかしデメリットもあります。

浴槽などに濡れたまま置いておくと
ドロンと溶けて型くずれをして最後まで使い辛いということと、
価格です。

手作り石けんが好きな人や、ご自身で作られる方は
よくご存知だと思いますが
全てこだわった物や納得する材料を揃えるとなると、
コストもグンと上がって
個人で消費するには多過ぎるということも多々あります。


でも、このおばちゃんの石けんって
型くずれしないように工夫されています。


お風呂の時間がとても楽しくなります。



今回は通常の米ぬかではなく、
古代米の米ぬかを別注でブレンドしてもらって
量も通常より、約10g増量して、
約70gの古代米の特製ソープが誕生しました。




おばちゃんとこに父が古代米の米ぬかを運んで、
数日後に出来上がった間なしのできたてほやほやの
柔らかい状態で細心の注意をはらって
持って帰ってきて、
乾燥、熟成させるためにズラ〜っと並べたのが
この間の画像でした。



それから数日、熟成も進みだして、こんなキレイな状態になってきます。
これをさらに2週間以上寝かせます。

c0111102_11233263.jpg












完成!  この素朴な感じがなんともいえないでしょ^^
c0111102_1123096.jpg












熟成して完成したら実家に行って事務所に持ち帰りました。

こっからも作業は続きます^^

このパッケージも手作り。
帯やラベルのデザインも一から考えました^^

c0111102_11231234.jpg








この石けんの材料のほとんどは口に入れても大丈夫なものばかりなので、
パッケージはクッキングシートを使用しています^^

c0111102_11231422.jpg








で、こんな感じに。
c0111102_12272753.jpg




最初、いきなり『はいできました!』ってご紹介しようと思ったんですが
この石けんに限らず、身の回りのもの、食べ物、どんなものでも
"物語"があるということを伝えたいという思いがありました。

他にも、『天道さん、パワーストーンの他にも石けんも売るん?』とか
色々思われないかなぁなど、
ちょっとは思ったのですが、何でも屋でもありませんし、
『人からどう思われるか。。。それは相手が決めること!』でもあります。

批判や批評する人がいればそれはそれでいい。
大抵の場合、何かをするときって、何もしない人があーだこーだと
言うものなんですもん。

同時に、僕の人生の主人公は僕!やもん^^


やりたいと思うことはどんどんやっていって、
"せずの後悔"だけはないようにしないとね。


紹介するまで、いくつにも分けて書いてきたのもそういう理由からでした。


石けん一つにまつわるこの"物語"にはもう一つの思いがあります。

お父ちゃん、お母ちゃん、ありがとうの思い、
特製古代米ソープの製造に全力で協力してくれたおばちゃんにありがとう。
たくさんの気付きや学びを与えていただくクライアント様にありがとう。
パワーストーンの製作をご依頼いただいている皆様、取引先の皆様にありがとう。
これをご覧いただいている皆様にありがとう。
すべてにありがとう。


そんな、たくさんの"ありがとう"がギュッと詰まった
気持ちを石けんという形を通して
いろんな方々にありがとうや感謝のリレーが広まっていけばと思います。


次の記事がようやく正式なご紹介になります。


みなさん、読み疲れませんでしたか^^

ご興味のある方は次にアップする記事をご覧下さいね。


そのまえにちょっと休憩しますわ^ー^
by hal-min | 2013-11-22 13:18 | ==米ぬか石けん==

11/21 それができるまで(7)

この話も(7)まできましたねぇ。。。

最初、一つか二つの記事で紹介できるかと思ったんですが、
あれもこれもで長いなぁ。。。



はい続き。



食品ロスのことと、今年も収穫しました。ってとこやったね。

食品ロスのことと、他にも食品のことで、もっと書きたかったんですが
あと一つだけ書かせてくださいね。


物が、食品が有り余るほどあって、いつでもすぐに手に入れられることは
とてもありがたいことです。

もったいないこと、粗末なことは減らしていきましょうね。

そして、ちっちゃな鉢植えでもなんでもいいんです。
何か育ててみてください。

もしそれが自分の育てた野菜だったら
少々虫食いがあっても
形が変でもたったそれだけの理由で捨てますか。

そういうことなんです。


今日、食卓に並んだものは
全てあなたが捕まえてきたり育てたりしたものではありません。

コンビニの弁当も冷凍食品でも生ものでもそうです。

どこかのだれかが捕まえたり育てて、加工して
それを運ぶ人がいて
陳列ケースに並べる人がいて
レジの人がいて、
あなたが買って調理して食卓に並ぶんです。


んんんーーーっと念じたらポンっと現れません。


たくさんの方の手を経てやっと食卓に並ぶんです。


一つ一つの食材から"物語"を見つけてね。


そう思うと刺身のツマも捨てられないでしょ。

焼き魚もキレイに食べれるでしょ。


それでやっと"命を"『いただきます』でっせ。



またそれた。。。

すんません。


これまでの話の中で出てきた古代米。

モミが赤くて、中身が白米のようなものや、
モミを割ってみると中身が赤いもの、紫のものなど
これも色んな種類があって、

毎年育てているのは一番紫色の濃い、
紫黒米(しこくまい)っていう種類。
これの説明や食べ方とかたくさん書きたいけど
この話が完結しなくなるのでまた書きますね。



今年の6月と10月に撮った画像があるので見てください。



これは田植えのとき。
苗は普通の米の苗とほとんど変わりません。
右端にちらっとしか苗が写っていなくてすいません。

c0111102_2321147.jpg






それから、秋になって先月の10月。。
他の田んぼの稲と色が全然違うでしょ。


c0111102_23212645.jpg






んで、籾殻(もみがら)の中身。
この濃い濃い紫の色はアントシアニンやポリフェノールの
色素が多いためなんです。
白米を炊くときにこれを少し混ぜて炊くとめちゃくちゃきれいな色に
炊きあがるんです。

c0111102_23402624.jpg





本来ならさっきの米が主役なんですが、
今回紹介するにあたって主役になるのがこれ。

古代米(紫黒米)の米ぬか。。。です。


c0111102_2349160.jpg



余すところなく使いたくて、しかも米ぬかって一番栄養素もある部分ですから
なんとかならんやろか。。。。って
父と相談していたら、あることを思い出したんです。



何年か前にも紫黒米の米ぬかを使って
製品にしたことがあったんですが
『それをもう一回復活させようぜ!』ということになりました。


古代米ぬかをさっきの画像の状態から手作業で
時間をかけて、丁寧にふるいに何度もかけて精製したんです。

細かい粉末状レベルにまで精製した
この古代米の米ぬかとこのきめの細かさがこれからの"キモ"になります。



そこまでの作業をしたのが10月下旬でした。


他にも自家栽培のレモングラス(ハーブ)も刈り取る作業もしました。
この話も後々書きますね^^



んで、フッと吹けば舞うようなほど細かくなった古代米の米ぬかを
"ある重要人物"のところに持っていくわけです。



いくつか前の記事で書いた、ハーブや自然素材にこだわったものを
一人で製造販売している、おばちゃんの所に運搬。



そこで何を依頼したかっていうと
ピンときた方もいらっしゃると思います。


『どこまで引っ張るねん!』とお思いの方もいらっしゃるでしょうが
私の納得いくまで書かせてください。

でも今日はここまで(笑)



今夜も浄霊あるので顔晴ります!!!
by hal-min | 2013-11-21 23:37 | ==米ぬか石けん==

11/21 それができるまで(6)

いつまで続くの?って思うでしょ。

僕も分かりません。


もうちょいかもわかりません。

こういうことを書くときってあんまりないので
まぁいいやん。

ね?


続きを思ったまま書きます。




みなさんも日本に生まれてよかったと思いません?

そう思う方はここをクリックしてみてください。










ごめんなさい。

怒らないでくださいね。
クリックしてもなにもなりません。


話を戻しますね。





クリックしたか、してみようと思った方は日本に生まれてよかったと
思われているでしょう。


だったらもっと良くなるのを指をくわえて待つのではなく、
変えていきません?

なにもドでかいことを一気にするんじゃないんです。


小さいことなんです。


日本って他の国に比べると小さい国です。
なのに、世界で一番食べ物を捨てているんです。

まだ食べられるのに、賞味期限が近いからとか、
この部位はあんまり美味しくないからとか、
見た目が悪いからなど様々な理由で廃棄されています。


この国の食料自給率は約39%でっせ。


あとの大半は輸入に頼ってどんどん廃棄。。。
3分の1ルールなんてのもあるようですがそれもどうなんでしょうね。



精一杯生きてきた生き物、植物が、加工品が捨てられていくんです。
海で元気いっぱい泳いでいた魚も。。。。

食べ物を粗末にできるから『豊か』ではないねん。
食べ物を粗末にしたら心が貧しいか寂しいんですわ。

エコ!エコ!地球に優しく!と言いながら食べ物を捨てていくんでっせ。

違和感あるでしょ。

お坊さんがエッチしながらお経を読んで木魚をたたくようなもんですわ。
そんなお坊さんを見ながら聞きながら『ありがたいありがたい』と思えます?
違和感あるでしょ?

それと同じようなもんでっせ。




何かの本に『ハンバーガーから物語が見えますか?』というような
ことが書かれてありました。

『この牛はどこでどんな景色を見ていたんだろう。
このレタスはどんな人に育てられてどんな空を眺めていたんだろう』というように。

もし、目の前の食べ物から"物語"を見るようにしたら
感謝して残さずに食べることができるやろね。

『いただきます』も"命をいただきます"、"この食材に携わっていただいた方への感謝をいただきます"って
心がこもるやろうね。。

"物語"を見ようとすることが
食品ロスをなくすことに繫がるやと思う。

そう思ってみません?

ね?  何も難しいことじゃないでしょ。



かた苦しい内容になって話がまたそれてすんません。。。
でも大事なことで、いつか書こうと思ってたんです。


まぁそういうこと。



んで、どっから話を戻したらいいんかな。。
分からんくなってきた^^;




あ!そうそう、『オレやっぱり田んぼやりたい』やった。




それから毎年手伝うようになりました。

相変わらず稲刈りのチクチクは慣れませんが。。。
でも、この米が誰かの口に入って
その方の血肉となっていくんや〜って思ったり、
『美味しい』と言ってもらえる!と思いながら
土や苗、頭を垂れるまで実ってきた稲の香りが嫌じゃなくなりました。

先月も稲刈りしてきましたよ。

古代米と白米の両方をしているので収穫時期が少し違うんです。

古代米は10月の初旬、白米は10月半ば過ぎの2回。


その後の行程も全て2回。


籾殻(もみがら)のチクチクもカイカイも2倍。


収穫できた喜びは1万倍。



今年の古代米は出荷するのはわずかにして、
ほとんどを古代米の米粉に初チャレンジ。


それから。。。


なんか目が疲れてきたのであとで続きを書きますわ。


今日、お問い合わせいただいている皆様には
必ず今夜中にお返事をしますのでちょっとだけお時間をくださいね。
by hal-min | 2013-11-21 19:34 | ==米ぬか石けん==

11/21 それができるまで(5)

一息つけたので、次の予定まで一気に書いていきますね。



さっきの記事は
『仕事を通じて知り合った取引先の方から
話してくれた内容に驚きました』というところまでだったので
その続きですね。


その取引先の方というのが
実家の近所のおっちゃんだったんです。
なので"知り合った"というよりも、
顔を合わせたときにお互い『え"ーーーー!?』って
びっくりしました。


その方が教えてくれたのは、家を出てから数年間
連絡も取り合っていなかった父のことでした。

『お前んとこ、古代米っていう米をつくりだしたん?
どっから苗仕入れるん?』

僕は何を言ってるのか意味が分かりませんでした。



その方は僕が家を出ていることを知らなかったので
『この何年か手伝ってないから
詳しいことはあんまり分かりませんわ。。アハハ^^;』と、
答えるのが精一杯でした。


そのあとも数日も数ヶ月も
『古代米(こだいまい)?一体どんな米やろ。。。いやいや、もう関係ない。。。
でもなんでそんなのを始めたんやろ。。。いやいや、もういいねん。
もう関係ないねん。。。でも、、、』というように、
フラれた女の人を忘れられないような人みたいに
ウジウジ考えながら、仕事はバリバリ顔晴っていく日が続きました。

ウジウジしてバリバリして、俺いったい何がしたいん?
これの繰り返しでけったいな人やったと思います。


本当は"どうしたいか"が分かっていたのにね。。。。


それからまた数年。。。。。


とうとう、いろんなことが重なって
あることがきっかけで、
『自分を変えよう!!人のせいにするのはもうやめよう!!』と
思い切って会社も辞めて、
思い切って実家に顔を出して謝って、
ごめんとありがとうを言いました。

そして『この道で進む!!』と
この間書いた11月11日の"決意の日"を迎えるんですわ。


決意の日の少し前に、父が『これ持って帰れ』と、
新米を車のトランクにドン!と入れてくれました。


帰ってから早速食べましたよ。


ぴっかぴっかで噛んだら甘くて。。。。。
泣きながらお茶碗何杯も食べました。

2杯目も3杯目もいくら食べてもポロポロ涙が止まらんっかた。。。
しゃっくりも。



『やっぱり。。。。これ、、、う、、、うまいわ、、、
ホ、、ンマに、、、ありが、、とう、、ウェ〜〜ン。。。ヒック、、、
古代米のこと、、、聞くの、、わ、、忘れた〜ウェ〜〜ン。。。』
涙で顔がぐちゃぐちゃで
甘いのか塩っぱいのかも関係ないわ。。

感動の涙が最高のおかずになった。


お米を大事に大事に噛みながら思ったんです。
『やっぱりオレ田んぼしたい!』って。


30過ぎて、やっと心からそう思えました。
やっとマーブル模様が消えました。


やっと生産者の立場の喜びというのが分かりました。


やっと本当の食べ物の有り難さを思い知りました。


なぜ『いただきます』と手を合わせるのか分かりました。


四季のある日本に生まれてよかったと思えました。


有り難いねぇ。。。。



長くなるから続きはまたあとで。
by hal-min | 2013-11-21 16:58 | ==米ぬか石けん==

11/21 それができるまで(4)

こんにちは。

今日もいい気分ですか?

それはよかった^^

気分の良くない人はニコッとしてみましょう。
気分が良くても悪くても、
貴重な人生に費やす時間は同じなんですから。



んじゃあ昨日の続き。



昨夜は"あるおばちゃん"登場のところまででしたね。


まぁ当時はそのおばちゃんの話を聞いたりしても
右から左でした。
興味がなかったんですもん。


触覚に触れるものは自分から進んで
『もっと知りたい!』ってなるし
何よりも、目がハートになりますから、
ならないときは『ふーーん。。へぇ〜、ほぉ〜』です。


それから数年。。。。


自分の生活や人間関係が目まぐるしく変わっていきました。


この間にも書ききれないくらいの色んなことがありました。
機会があったら書きたいなぁ。。。

・霊体さんを本気で好きになってしまった編。
・ダムに沈む○○発見編。
・各地を転々とした出来事編。
・会社員時代にこっそり始めた副業でとんでもない出逢い編。
・尾行、盗聴をされたのはいいが興信所を雇ったのは実は○○だった編
・この世の天国編。
・暗闇で見た真顔のおばちゃんの本当の恐ろしさ編など。。。。。

どーでもいい話なんですが、こうして思い出してみると
今でも昨日のことのように怖くて面白くてドキドキしてきます。



で、何年経っても6月の田植え、10月の稲刈りは
手伝ってはいたけど大嫌いのままでした。

大嫌いな割には田植機やコンバインの運転は上手になってく
自分もいてなんか変な感じがしました。


だらだら書いてもしょうがないので
ここでまた数年飛ばしますね。



20代になってしばらくして。。。。


12月になってオリオン座がきれいに見えだした時期、
とうとう父親との関係に決定的な亀裂が生じて
僕は荷物をまとめて家を出ました。


新しい場所での生活が慣れだして
仕事も何もかも順調でした。

ただ、少しずつ空気が抜けていくタイヤみたいに、
心のどっかに穴が空いてる感覚はずっとあった。
それは父親との関係のしこりというのが
分かってても、それを認めたくないし、それに向き合いたくないから、
少しずつ抜けていく空気を仕事や遊びという形で
"空気入れ"をしていたんでしょうね。



新しい生活から半年して
緑が青々としてきだして風も日光も心地よく、
ツバメを見かけだしてきた頃、
『田植えや。。。。でももうしなくていいんや』と
解放された嬉しさと
『オレがしなくてもやってるんやろうなぁ。。。』という
気持ちがマーブル模様みたいになりました。

でも数日したらそんなこと忘れてしまうんです。

でも10月になると、『田植え』が『稲刈り』に変わっただけで、
ちょっと色味の違うマーブル模様になるんです。
複雑な気持ちやったなぁ。。。。



んで、もっと濃いマーブル模様になるのが
店頭で新米が出回りだした頃。


もうあそこには戻れませんから、当然米を買うわけです。


変な感じでした。



これまで米って、倉庫を空けたら『常にあるもの』から
『買いにいくもの』に変わったんですから。



ラベルに【新米!】と書いてあっても、
『少しは古米混ぜてるやろ?』と疑ってしまうようにもなりました。
(そんなことはないとはわかってても)

でも食べるものは残さず美味しく『いただきます』でした。



人ってホンマに都合のいい生き物ですわ。




そんなマーブル模様を何シーズンか過ごしていく中で、
仕事を通じて知り合った取引先の方から
話してくれた内容に驚きました。



このあと電話セッションがあるので
またあとで^^
by hal-min | 2013-11-21 13:28 | ==米ぬか石けん==

11/20 それができるまで(3)

書き出したら忘れていたことや
いろんなこと思い出して楽しいもんですね。


他にもたくさん書くことがあるけど
それはまたの機会に書いていきます。
というより、今回はほとんどが
話がそれてためにならないことが多いので、
心のことや見えない世界のことは
出てこないし書かないので、期待しないでくださいね。



んで、話を元に戻すとこからやったね。


戻します。


学校からの帰りは両親の喫茶店から家へ。。。

この生活も慣れてきて
親との不仲も順調(?)に悪化してきて
僕は荒れだしました。


この時期のことは何年か前に書いた記事がどっかにあるので
探して読んでみてください。

なのでその辺は省略。



そんな状況の中でも時間は進み、
田植えの6月に稲刈りの10月は
嫌でもやってきました。


それまでの間にちょっとした"変化"もありました。

新しいメニューが加わってきたんです。
ピザや自家製のクッキー、魚の蒸したもの、
飲料のメーニューが増えたんです。

ちょうど、厨房や店内に漂う"香り"が変わりだしたときです。


自家製ハーブを取り入れたからなんです。


なんか前から夜中にハーブに関する本を読んだり
ノートに書く場面をせっせと書き込んでいる父をちょくちょく見かけるように
なった頃です。

当時は『ハーブ』というと世間ではまだ認知度が広まって
いない時期でもありましたから
私は単なる草とか葉っぱという認識しかありませんでした。


興味があったので厨房からこっそりお客さんの反応を
聞き耳立てて聞いていると、
ハーブについてあれこれ質問している人、
『やっぱりコーヒーがいい』と言う人、
一口飲むたびに『落ち着く〜』と言う人、
いろんなお客さんがいました。


閉店後、『なんで"草"や"葉っぱ"みたいな訳の分からんものを
出すことないやん。変なことするんやなぁ』と言うと、
父が『人と同じことやってたら"同じような店"になるんや!
人がやっていないことは最初は分かってもらえん人もおる。
それでもやっていたら伝わる人には伝わるもんや』と
ボソッと言いました。

お客さんの好みは"コーヒー派" "ハーブ派"のまっ二つに
分かれました。

次第に口コミで広がって"ハーブ派"が増えていく様を
目の当たりにしました。


そこで父がハーブの云々をさらに探求していくときに
出逢った"とあるおばちゃん"との出逢いを聞きました。

後にこのおばちゃんはこの話に登場することになるので
頭の片隅にでも置いておいてもらえたらと思います。


当時の僕は『それがどないしてん』程度にしか思ってなかった。。
しかも今の僕にとって重要な存在になるとも知らず。。。。


そろそろ浄霊なので今日はこの辺で^^


みなさん、おやすみなさい。

ほな、また明日。
by hal-min | 2013-11-20 23:54 | ==米ぬか石けん==