<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

5/31 終止符(あなたで)

『あんな親のようにはなりたくない』と
子供の頃から思っていたら気が付けば、
自分が親の【嫌な面】を持った大人になっていた。

『あんな親のようにはなりたくない』と
子供の頃から思っていたら気が付けば、
自分の子供が親である自分の事を同じように思っていた。

延々と繰り返される。
代々繰り返してきたのかもしれない。

先祖は泣いている。
先祖は悔やんでいる。
先祖はあなたの代でこのような繰り返しに
終止符を打つ事を望んでいる。

そして守護霊様はこう言っています。
『あなたに乗り越えられない試練は与えていない』と。

■岸田天道ホームページ(PC用)■
by hal-min | 2007-05-31 01:05 | スピリチュアル

5/30 夢(けつい)

夢を持った。

ワクワクドキドキした。

目標を決めた。

強い決意をした。

夢を紙に書いた。

『夢は叶った』と過去形にして何万回も言った。

言葉が変わった。

行動が変わった。

習慣が変わった。

時には不安も出てきた。

でも決意の強さでかき消した。

またワクワクドキドキしてきた。

『夢は叶った』と過去形にして何万回も言った。

夢は叶った!

■岸田天道ホームページ(PC用)■
by hal-min | 2007-05-30 04:20 | スピリチュアル

5/29 手と手(つながる)

向かい合って話をするのもいいね。

でも手をつないで話したらもっと心があったかくなるね。

好きな人と手をつなごう。

愛する人と手をつなごう。

手をつなぎならケンカして歩いている人いないよね。

笑ってるね。

ニコニコしてるね。

手をギュって強く握ると、何も言わなくても相手もギュって
握り返してくるね。

心が通じてる。

心が通い合ってる。

心があったかくなってくる。

手をつないだあとは何するの?

ハグするの。

ケンカしたらどうするの?

謝るの。

謝ったらどうするの?

手をつなぐの。

謝って手をつないだらどうするの?

ハグするの。

■岸田天道ホームページ(PC用)■
by hal-min | 2007-05-29 00:50 | こころ

5/28 宇宙(みかたする)

帰りの新幹線で、すごい場面に遭遇する事が出来ました。

私の通路を挟んだ横の座席に三人とその前の座席の人三人で
ビールを飲んで盛り上がっている方が大きな声で楽しそうに
話しています。声が大きいのでどうしても聞こえてしまいます。
一人はどうやら社長さん。
他の方は専務さんや重役さん達のようです。
○○社長とか○○専務など呼び合っていました。

それだけも車両内は楽しそうな『気』が漂っていたのに、
次の駅でお土産を両手にいっぱい抱えたおばさんの
団体が途中の駅から乗って来ました。
『ワイワイガヤガヤ』あの『気』は一体どこから来ているんだろう。
スゴいパワーです。
車両内の『気』は一気にヒートアップ。

異様なくらいのプラスの『気』で充満してきたところで、
重役さん達の会話で『あの子は何でウチの会社を辞めてしまった
んかなぁ。。』『今時あんな若者は珍しいわ』とか
辞めた若い男性社員さんの事を話しているようです。
(別に盗み聞きしていた訳ではありません。声が大きいから
どうしても聞こえてしまうんです^^;)

そして重役さんの一人が『あいつは今頃どうしているんかなぁ』と
言った瞬間、おばさん達もさらに盛り上がってめちゃくちゃ
うるさい車両になってしまいました。

妙なタイミングです。

すると前の車両から男性が入ってきた時、
重役さんが『うわ!○○か!?』とその男性をつかまえて
ビックリしていました。
再会のシーンです。
しかもさっき話していた辞めた社員さんのようです。

日本にこれだけたくさんの人がいるのに、
すごい確率で再会したのもすごいのですが、
懐かしがっていた人が、その車両に現れるなんて
場面はそうそうお目にかかれるものでは
ありませんので、関係のない私も驚きました。

重役さん達と、団体おばさん約40名の、盛り上がりの
妙なタイミングの一致は、辞めた彼を呼んだように
思えました。

間違いなくこの瞬間、宇宙は味方してくれたんだと思いました。

もし、辞めた男性社員さんが世界中のどこにいても、
さっきのタイミングであれば、宇宙は味方し、
その彼を一瞬にしてその車両内に呼び寄せたのかも
知れません。

今回長崎県でお世話になったYさんの配慮で、
帰りの新幹線も一本早める事が出来、その車両に乗る事が出来ました。

そして盛り上がっている重役さん達に『スゴい再会ですね』と
声をかけると、『私たちはもう一本遅い新幹線に乗る予定だった
けど、早めに乗ることができてこいつ(男性社員)と
会う事が出来た』って聞いてまたまたビックリ。

やっぱり宇宙って味方してくれてるんだなぁと実感した
帰りの場面でした。

明日からまた頑張ります。
---------------------------------------
不在中にメールを頂いていた皆様へ。
出来る限り早くお返事しますので
今しばらくお待ち下さい。
---------------------------------------
■岸田天道ホームページ(PC用)■
by hal-min | 2007-05-28 03:44 | スピリチュアル

5/27 ファミリー(もうひとつの)

改めて出会いの意味、大切さを学ばせて頂きました。そのような機会を与えて下さり、あたたかく迎えてくださった長崎県のYさんファミリーに『ありがとうございます!』私にはもう一つの【帰る場所】が出来ました(^-^)
by hal-min | 2007-05-27 03:54 | こころ

5/26 懐かしい(なつかしい)

20年ぶりの長崎県。今夜は久し振りに早めに寝ます(^-^)何の意味もない内容ですみません。明日はちゃんと書きます。
by hal-min | 2007-05-26 02:22 | こころ

5/25 返ってくる(どんなことも)

天に向かってツバを吐くと自分にかかる。
どんなことでもいずれは自分自身に返ってくる。

■岸田天道ホームページ(PC用)■
-----お知らせ-----
5月25日〜27日まで精神世界、目に見えないものの大切さを
広める活動の一環として長崎県佐世保に行きます。
by hal-min | 2007-05-25 01:28 | スピリチュアル

5/24 三途の川(ざぶざぶ)

この前、3回に渡り、私の過去を告白しました。
その中で、何回も自ら命を絶とうとしたことがあると書きました。

その『何回か』の中で「本当に、死ぬ時はこうなるんだ」という
体験談をお話したいと思います。

生と死を彷徨った方が三途の川の話をされているのを
聞いたことがありますよね?

本当かなぁ・・と思った方もいらっしゃると思います。

本当でした。

どんな方法で自ら命を絶とうとしたのかはここでは
少々長くなりますので省略します。

ある事をして、意識がなくなりかけて目の前が霧がかかったように
なり、段々視界が暗く暗くなり、最後は真っ暗になっていきます。
このとき過去の色んな事を思い出しました。
記憶にないようなことまで思い出しました。
まさに走馬灯のようにとはこの事だと実感しました。
赤ちゃんの頃、そして幼少の頃から当時までの自分の記憶全てといっていいほど。
その時、時間の感覚はありませんでした。

そして蘇ってくる記憶が段々見えなくなってきて、
本当の闇の世界。
そこからは闇しか覚えていません。

時間の感覚はありませんが、今思えばしばらくの時間は
経過していたと思います。
そして真っ暗闇の視界が段々、光が差し込むような感じになって
いき、明るく美しい景色が目の前に広がってきました。

どこを見回しても春のお花畑のような景色。
そしてどこに向かうのかも意識せず、『とてもきれいな景色。
あたたかい。向こうに行こう』と歩き出しました。
【向こう】ってどこ?という疑問もありません。

歩くときに感じる体の重みも感じません。
でも歩いている。なんとも表現し難い感じです。

延々と続くきれいな草花の中を歩いていくと
川が見えてきました。
流れの穏やかなきれいな川です。
川の流れる音はしていなかったように記憶しています。
その川岸で立ち止まり、向こう岸を眺めていると
誰かがいます。
よく見てみると、私が4歳の時に事故で亡くなった(父方の)おじいちゃん
でした。4歳の時でもとても可愛がってくれた記憶はありました。

いつも『こんな時おじいちゃんがいてくれたら』と何度も思った事があります。
そして6歳の頃に、守護霊様の横で私を見てくれるようになった
大好きなおじいちゃんです。

向こう岸にいる大好きなおじいちゃんにどうしても会いたくなり、
川の中に足を踏み入れた時に、ニコニコしていたおじいちゃんが
急に怖い顔になり、『こっちに来るな!帰れ!』
『その川を渡るな!』と何度も何度も言われました。
どうしても会いたいのになんでそんな事いうの?っていう
少し寂しい気持ちがありましたが、『おじいちゃんがそこまで
言うんだから何かある。』と思い、『分かった。おじいちゃん、
僕は戻るね』と言い、後ろを振り向き、もとに来た道を戻りました。

延々と歩いていくと光の穴のようなものがあり、
何も考えずその中に入りました。
一瞬にして体の重みや感覚が戻ったのを記憶しています。
おそらく魂が肉体に戻った瞬間だったのでしょうね。

段々意識が戻り、ゆっくり目を開けると、病室で、私の横には
ワンワン泣いているあの人達がいました。
『あれ?なんで?病院?あっ!オレ死のうとしてたけど
生きてるやんか!えぇ〜!さっきまで見てきたのは何ぃ?』
という感情が一番に出ました。

このあとの話もあるのですが、それはちょっと置いといて、

三途の川は確かにありました。
きれいな草花も確かにありました。
三途の川を渡らず戻ってくると生きていたというのも
本当でした。

生死を彷徨った方々が話されていることは
本当でした。

今、私は思います。
この世に生まれてきた以上は必ず死は訪れます。
誰もが三途の川を渡ります。
どうせ渡るならこの世での、嫌な事、良い事、楽しい事、
泣いたり、笑ったり、ケンカしたり、いろんな事を経験して、
たくさん成長して、満足してから
いきいきとした表情でザブザブと川を渡りたいと思いました。

自ら命を絶ってから三途の川を渡ると、きれいな景色が一瞬に
して地獄絵図のように変わるんだと思います。

この世で精一杯生き、そしてこの世を去った後に渡る
三途の川は渡り切ってもきれいな景色のままでしょう。

どうせ渡るなら・・・・ね?(^^)。

この世で精一杯生きようよ。
あなたを苦しめたり傷つけたりする人もいるかもしれない。
でも、あなたを守り、あなたを愛する人もいる。

ね?いきいきとした表情でザブザブと三途の川を渡ろうよ。

■岸田天道ホームページ(PC用)■
-----お知らせ-----
5月25日〜27日まで精神世界、目に見えないものの大切さを
広める活動の一環として長崎県佐世保に行きます。
by hal-min | 2007-05-24 01:57 | スピリチュアル

5/23 思い(げんじつ)

今起きている現実は『起こされている』んじゃない。
あなた自身の思いが、目の前の現実を起こしている。

運が悪いという思いは運が悪い現実をつくり出す。
運が良いという思いは運が良い現実をつくり出す。
不幸だという思いは不幸な現実をつくり出す。
幸せだという思いは幸せな現実をつくり出す。

目に見えない『思い』は目の前の現実をつくり出す。
目の前の現実は決して起こされていない。
『思い』が起こしている。

■岸田天道ホームページ(PC用)■
--------K!!--------
by hal-min | 2007-05-23 03:26 | こころ

5/22 人の為(にせ)

人の為、人の為といって疲れていませんか?
人の為なんだから良い行いじゃないか!という
声が聞こえてきそうですが、
その時、または現在の自分自身の心の状態はどうですか?
満たされていますか?
愛で満ちあふれていますか?

満たされた状態になると自然と愛を持って人の為に
何かができます。
その時の行為は愛と喜びに満ちあふれています。

満たされていない状態で『人の為、人の為』と無理して
頑張ってしまうと、その行為は『偽』になってしまいます。

人の為と書いて『偽』。
人の為になる事がどうして『偽』だ!ですよね?

私の場合、人の為=まずは自分自身の心を満たしてから。
という意味かなぁと思います。
『ん???』ですよね?
書いている私自身も訳が分からなくなってしまいそうです(^^;)

じゃあこうしてみましょう。
人の体はよく出来ています。
『あの人の為になることをしよう!』とその人を
指差してみてみてください。

人差し指は確かにその人の方を指しています。
しかし、親指は下を向き、残る3本の指は自分自身を指差しています。

※下図参照

人の為に何かする場合、地に足をしっかりつけて、
3倍以上自分自身のために何かをしてあげて、
満たしてから人の為にGO!
という意味
だと思います。

でないと、無理してしまうので疲れます。
ストレスになってしまいます。
それこそ『人の為』なのに『偽』になってしまいます。
自分自身が満たされていない状態で【人の為と書いて『偽』】。

人の為・・・それは、まずは自分自身の心、魂、肉体を満たすことから
始めること。
『偽』とは「自分自身が満たされていないと偽になるよ」、
「自分自身が満たされていないと人の為にならないよ」という意味。

もっと自分自身を大事にしてあげて。
もっと自分自身を許してあげて。
もっと自分自身を愛してあげて。
もっと自分自身を認めてあげて。
もっと自分自身に感謝してあげて。
もうこれ以上自分自身を傷つけないで。
もうこれ以上自分自身を苦しめないで。
お願いだから・・・。
あなたは自分自身を苦しめる為に生まれてきたんじゃない。
あなたは、あなた自身を愛するために生まれてきたんだ。
そこからがスタートなんだ。

人の為になることはそれからでいいじゃないか。

自分自身が愛と喜びに満ちあふれてから人の為にGO!

■岸田天道ホームページ(PC用)■


c0111102_056183.jpg
by hal-min | 2007-05-22 00:02 | こころ