<   2008年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

8/31 夏休み最後の日(こどもがなくひ、おとながなきそうになるひ)

8月31日は私の中では
『一年で最も子供が泣く日、親が最も泣きそうになる日』と
呼んでいます。

小学生の頃、夏休みに入る数日前から
心の中では妙にワクワクしたカウントダウンが
始まったのを思い出します。

そして夏休みに入ると親から『宿題やってるか』と言われ、
何もしてなくても『やっている』と言います。
数日後同じようなやり取りが何度かあり、
お盆前くらいにホントにやっているかどうか
見られます。
当然何にもしていないので出来るだけバレないよう済ませるように
その場を繕おうとします。
でもその不審な態度はすぐに見破られます。

父親:『ホンマにやってるんやな?今正直に言うたら怒らんから
ホンマのこと言うてみ?』

私:『ホンマにやっとる!』

父親:『正直に言うたら今やったら怒らん。ホンマは?』

私:『やってない・・・』

父親:『なにウソついとるんじゃ!アホタレ!』
ドカッ!ビシッ!バシッ!

6年間ずっとこんな感じだったと思います。
【怒らないから本当のこと言ってと言われて本当の事言うと怒られる法則】
は高学年頃発見しました。

そしてお盆までサボっていた分を一気にします。
というより『させられている』というような感じでした。
『犬に生まれたら宿題なんかせずに済むのに』
『草に生まれたら勉強なんかしなくていいのに』
そんなしょうもないことを思いながら。。。

とりあえずお盆までの分が済むと、また
夏休み最初と同じようなことを繰り返します。
お盆以降宿題していないのに『してる』と言います。
で、大体29日か30日にもう一度、
【怒らないから本当のこと言ってと言われて本当の事言うと怒られる法則】
と再会します。

29日、30日サボっていたツケを一気に相殺(そうさい)し、
気が抜けます。
そして31日、ポスター、読書感想文、貯金箱、自由研究(だったような)などの
『大物』に取りかからなくてはなりません。
当然、一日でこなせるはずもないので
親も巻き込んで夜中までかかります。

母親は『情けない情けない』と言いながら
泣きそうになりながら貯金箱の最後の色塗りを手伝います。
父親は『お前はいっつもこんなことの繰り返しじゃ!』と
言ってポスターの下書きを書きながら何度も
ゲンコツをくらわせます。

親は情けなくて泣きそうになりながら、
ゲンコツをくらわせながら、
作業を進めていきます。
私は宿題よりもたんこぶが痛くて痛くて泣きながら
作業を進めていきます。
その時『来年は早めに宿題を終わらせよう』と誓います。

しかし宿題を早めに終わらせることはありませんでした。

小学校の夏休みは、どこに行ったとか
何をしたよりも、たんこぶの上からどつかれると
とても痛くてたんこぶがさらに大きくなることを
学びました。
【怒らないから本当のこと言ってと言われて本当の事言うと怒られる法則】
を学びました。

どうか今夜、一人でも多くのチビッコが泣きませんように。。。
そして来年さらにその数が減りますように。。。

合掌。。。。チ〜ン。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-08-31 23:59 | こころ

8/30 ●(しんげつ)

新月--8月31日 04時58分です。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-08-30 22:57 | スピリチュアル

8/29 出来事ありきではなく(いみありき)

多くの人は傷つくことに恐れを感じる。
しかしそれは当然だと思う。
しかしもっと傷つくことがある。
まだ起きていない傷つくことに対する不安がさらなる恐怖を呼び、
それが現実になって実際に傷つくことだ。
でもそれは不幸ではない。
傷つくということは、傷ついた人の傷の痛みを
理解、共感できるための体験をさせて頂いていると捉えてみると、
本当に優しい人になれるための学びのプログラムだ、
それを学ばせていただくためにこの世にやってきたんだという
『出来事→その意味を探す』ということではなく、
『そのような意味もあって様々な出来事(成長させるための)が起きる』という
捉え方もあるはずだ。

起きていないことに対することに不安を持つことも
体験の一つだ。
でも慎重になりすぎるとせっかくの『好機』を逃してしまいやすい。
だから傷つくことに恐れることは実際に傷つくことよりも辛く感じる。

最初は少々の努力は必要だと思う。
でも『意味があるから様々な出来事が起きる』そう思うと
まだ見ぬ恐怖は尻尾を巻いてあなたから姿を消すようになるだろう。

一人でも多くの方が幸せになりますように。

合掌。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-08-29 23:59 | スピリチュアル

8/28 茹でガエル(ゆでがえる)

良い意味でもそうでない意味でも※1『茹でガエル』
ならないよう日々の変化、社会情勢の変化、その他
様々な変化にもう少し敏感になろうと思った。
自分が色んなことを学び、魂をステージアップさせていっても
現状に満足していたり、それが当たり前だと思ったら
それも『茹でガエル』と同じだと思った。

だからこの間『原点』というタイトルの記事を書きました。
この現状はまだまだ茹でる前の水なのか、もしかしたら気付かぬうちに
茹で上がる寸前なのかという意味も含めて。
『今、茹でガエルになっていないか』を知るために
原点に戻ることも必要だと思いました。
自己チェックの一環でもあると思ったからです。

原点に戻るということは過去に囚われていたり
過去に執着しているということではなく、
茹でガエルにならないためです。

(※1 熱いお湯にカエルを入れると急激な変化に驚きすぐに死んでしまう。
ところが常温の水にいれ、徐々に熱していくとカエルは
微妙な環境の変化に気付かず
その水温に慣れていく。そして熱湯になったときには、
その変化に気付かず気が付けば跳躍する力を失い飛び上がることができずに
ゆで上がってしまうという意味。
徐々に変化する環境にはなかなか対応出来ない事が多い例え
対応の遅れが致命的なダメージを受けるという警告でもある。)

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-08-28 23:59 | スピリチュアル

8/27 背中(せなか)

自分がした苦労を人にまたは子供にさせたくない。
そんな優しい思いには落とし穴が潜んでいます。
私は『価値観の正当化』と呼んでいます。

例えば、一代で会社を興し人の何十倍も努力して、
ある時は泥水を舐めたり、夜星朝星
(よぼしあさぼし---朝は星が出ている時から仕事をし、
夜は星が出るまで仕事をすること)で頑張ってきて
事業を大成功させた人がいたとします。

その人には子供がいました。
自分がした苦労を人にまたは子供にさせたくないと思っていたけど、
気が付いてみれば『早く起きなさい』『早く寝なさい』
『ちゃんとしなさい』『挨拶しなさい』と
○○しなさいが口ぐせになりました。

その人には社員もたくさんいました。
『俺の(私の)時はもっとこうしていた』
『俺の(私の)時代はそんなことはなかった』
『俺が(私が)若い時はそんなことでへこたれなかった』
『なんでそんなことができないんだ!』が口ぐせでした。

『価値観の正当化』が加速し絶対的な関係を築いてしまいやすい
循環が始まります。
恋愛もそうです。自分の価値観を相手に押し付けると
『なぜ分かってくれないの』
『なぜ逢えないんだ』
『これだけしているのにその態度は何?』
というように色んなことを求めてしまい、
思い通りにならなかったら腹を立ててしまったり、
ますます悪化の一途をたどってしまいます。
相手のすべてを受け入れず自分の価値観を正当化しているからです。
相手を自分の思い通りにさせようとしてしまいます。
確かにこの世では親子、社長と社員、上司と部下
彼氏と彼女といういろんな関係でも、
魂レベルではそのようなものは関係ありません。

話がそれてしまいましたが
『価値観の正当化』は絶対的関係を築こうとしてしまいます。
当時人一倍の努力をし、
成功してみせるぞ!というその時代に抱いていた思いは
当時の自分自身を奮起させる条件、つまり
当時の自分を取り巻く時代や環境などが全て揃って
その時必要なエネルギーを生み出したと思います。

しかし当時と現在では情勢や環境も違います、
しかしその中で育ってきた子供や社員や部下、
自分以外の人は何の罪もありません。

『価値観の正当化』は自分の物差しで相手を測ることと似ています。
『価値観の正当化』をしていてそれに気付けば、
それは子育てのレベルアップ、またはより良い人間関係を築く
絶好のチャンス、自分自身が成長する
絶好のチャンスではないでしょうか。

悟らせることは時として必要かも知れません。
しかし、悟らせるということはまず自分が何かを
悟らなければ人は悟りません。

どんなことを押し付けるかよりも、
どんな背中を見せるかです。

価値観の正当化を一度破壊してみると
価値観は違って当然だということが前提になってきます。
気持ちが楽になります。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-08-27 15:17 | スピリチュアル

8/26 原点(げんてん)

c0111102_1347429.jpg
c0111102_1348971.jpg

進んで進んで色んなことを体験したら一度、原点に戻ってみる。
進もうとしても進めなくなったら原点に戻ってみる。
何かに押しつぶされそうになったら一度、原点に戻ってみる。
進むことのみに集中していたら足下が浮いてないか
ちょっと止まって見てみる。
そして一度、原点に戻ってみる。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-08-26 19:36 | スピリチュアル

8/24 人差し指(ひとさしゆび)

---------先日の続き----------

『あんな奴!』
『あの人どうにかならないの?』
『見ろ、あいつあんな奴だぞ』と
その人に向けて人差し指をさす。
もしくは心の中で人差し指をさす。

人差し指を相手に向けてみると
中指、薬指、小指は自分の方を向いている。

相手に対して指一本なのに対し
自分にはなんと三本も向いている。

人の欠点に人差し指をさしたとき、
「自分の欠点、改善点はそこですよ」
「自分にもそんな一面はないですか」と
教えてくれているようだ。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-08-24 19:07 | スピリチュアル

8/23 イライラ父さんガミガミ母さん(じぶんがそうなっていた)

イライラしている人(親)が嫌だ。
ガミガミ言う人(親)は嫌だ。
こんなことをずっと思えば思うほど
イライラとガミガミはさらにパワーアップしてきます。
そして気が付けば自分がそんな人になりたくない
人(親)になっていたというケースはよくあります。
そして溝がどんどん深くなっていってしまいます。

イライラしている人が嫌だ、
ガミガミ言う人は嫌だという場合、
『あなたにもそういう一面がありますよ。気を付けてくださいね』と
鏡となってメッセージを送ってくれているサインです。

嫌悪感を持ったり敵意むき出しにしていると
また別の人が現れて同じような対応をしてきます。
『自分にもそんな一面あるんだな』と気付くまで。

ある人は嫌悪感や敵意をもったまま職を転々とします。
その人の口ぐせは『あの人嫌い』『あの人苦手』。
そして以前と同じような人が現れまた転職します。
そして次の転職先で同じような人が現れます。
繰り返されます。

しかし『自分にもそんな一面あるんだな。教えてくれてありがとう』と
思う事によって段々そのような人達と出会わなくなります。
多くの人は不思議だと言います。
でも不思議ではありません。
自然なことです。

なぜならその人達からの学びが終わったからです。
その人達から卒業したからです。
だから次に出会う人は全く別のタイプの人になります。

接する人の中には相性のいい人もいるかと思います。
さらに良好な人間関係を築いていってください。
反面、嫌な人もいるかと思います。
学びの場と捉えてたくさんの気付きをいただき
卒業してみてください。

必ず出会いが変わります。

嫌だと思う人(特に嫌悪感や敵意を持ってしまう人)ほど
自分の改善点を教えてくれている教師です。

そんな教師は鏡です。

鏡は『今自分がどんな人か』を教えてくれています。

単なる敵ではなく自分の欠点を教えてくれている
教師だと思ってみると
たくさんの発見があり、魂のステージもグンと上がります。

人生の残り時間は長いようで駆け足です。
これは歳を重ねるごとに加速します。
思い出してみて下さい。
小学校の6年間は非常に長く感じたと思います。
その6年間と今から6年前から現在にかけての6年間の
スピードは同じではないはずです。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-08-23 23:59 | スピリチュアル

8/22 クスリとリスク(なんでもそう)

薬はくすりと読みます。
クスリとも書きます。
クスリを反対から読むと、リスクになります。
なぜこんなことを書くのかというと、
私は何年も前にうつ病をはじめ、
色んな心の病になったことがありました。
(詳細は以前のいつかのブログにも書いた事がありますので
ここでは割愛させて頂きます。)
(今は心の世界を学んだことで何ともありません。でも
今では貴重な体験をさせていただいたことに感謝です)

霊的なことのみ見えていたらそれでいい。
心の世界(あの世、宇宙のしくみ)などは
後回し。というか関係ないという考えでした。
ある日病院に行った時、うつ病(その前は対人恐怖)と
診断され、そんな自分を受け入れるのが嫌で
処方してもらったクスリを飲むというこは
自分は心の病なんだということを
認めるということ、その病に負けているということを
認めるということだと思い込み
飲むことを拒絶していました。

そして相変わらず心の世界も無視して
薬も飲まなかったので最悪な循環が始まりました。
ある人は『鬱?そんなもん気の持ちようだ』と言い、
ある人は『頑張れ!』と言います。
余計にどん底な気分になりました。

そんな日が長い事続き、もうなんとか
しなきゃと思い、思い切って
『自分はうつ病なんだ!なんとかして克服してやる!』と
強く思うことにしました。

そこまできたらさらに思い切って、それまで拒絶していた
薬を飲んでみることにもチャレンジしてみました。
一時的ですが抗不安剤や抗うつ剤などの効果もあり、
少しは落ち着きを取り戻し、
その間に心の世界の仕組みやからくり、
落とし穴など研究しまくりました。
が、薬が切れると体がダルくなったり、
効いているときは眠気が襲ってきたりすることもありました。
最初は嫌でしたが、これが『副作用』だということを
体験することができました。

不安や憂鬱な気分が軽減されるという効果のかわりに眠気やダルさ
という副作用、つまりリスクです。
このとき思いました。
クスリってリスクがあるからクスリは反対から読むと
リスクって書くのか!って。
ちょっと怖いような気もしましたが
よく考えてみれば何事にもリスクはつきものではないのかということも、
その時体験させていただいたおかげで
いろんな発見がありました。

例えば買い物に行く時や外出する時など
事故に遭うかも分かりません。
好きな服を買って喜ぶという反対側には
先ほどのリスクがあります。
もしかしたら行く途中、大地震が襲ってくるかも
しれません。

何をするにもそうです。
起業した場合、潰れるかもしれないというリスクがあります。
パートナーができたら別れるかもしれないというリスクを背負います。
釣りに行ったら大物を釣る可能性があります。
反面、坊主(なにもつれないこと)の可能性だってあります。
書いたらキリがありませんね。

このようにわたしたちは日々リスクを背負いながら生きています。
そんなスゴいリスクを背負いながら一度も死なずに
こうして生きているじゃないですか!
これってスゴいことだと私は思います。

長くなってしまいましたが、心の病で現在通院されている方で
処方されているお薬を飲みたくないという方が多いのも事実です。
しかしお薬処方されている方には私は飲むのをやめて下さいとは
言いません。
そのようなかにはお薬と上手に付き合いながらメンタル面も
回復していくという方法を選んでいます。

心の病は決して不治の病ではありません。
うつ病などの心の病は『心の風邪』とよく表現されています。
風邪をひいているのです。
風邪はまたひく可能性(リスク)がありますが
予防もできます。
心の風邪も同様です。

リスクがあるのはクスリだけではありません。
『この世にやってきたこと自体、様々なリスクがある。』
まずこれを前提にすることにより、
色んな出来事を受け入れることができ、『なぜこんなことになったんだ』とか
『なぜ自分だけ・・・』という悪循環の思いを
断ち切る事ができやすくなると思います。
すると傷ついた自分自身を責めることも激減します。

何事もリスクはあって当然。
生きていたら何らかのアクシデントがあって当然。
まずはこれらを前提に今の自分自身を
受け入れてあげてください。

母親が赤ちゃんにおっぱいをあげる時、
母親が子供に見返りを求めないのは
『この子が存在してくれていること自体がありがたい』と思うからです。
無償の愛です。
その感情と同じくらい自分自身に対して意識を向けてみて下さい。

きっとあなたの『何か』が動き出します。

一人でも多くの方が光を見付けられますように。

合掌。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-08-22 23:59 | スピリチュアル

8/19 鳥さん(じゆう)

あるところに、いろんな国を季節ごとに
飛び回っている鳥さんがいました。

寒い時期が近づいてくると
鳥さんは大好物の木の実を求めて
小さな体、小さな羽根で
遠い遠い国へと飛んで行き、

パートナーを見付ける時期が近づくと
鳥さんはまた小さな羽根を羽ばたかせて
遠い遠い国へ飛んで行き、
パートナーを見付けてその国で子育てをしました。

子供も自分で飛べるようになると
また元にいた国へ戻ります。

それを何年も繰り返している鳥さんは
ある時こんなことを思いました。
『なぜこんなしんどいことを毎回毎回しなければ
いけないんだ。それにこんな小さな羽根を必死でバタバタさせて
いろんな国を飛び回っていたら疲れるよ。
何なら重力や空気抵抗なんかなければ
羽根をバタつかせず宇宙遊泳みたいにフワフワ楽チンで
行けるのに。。。そしたらどれほど自由なことか。』

それを見ていた神様が鳥さんの前に現れて
こう言いました。
『そうか。じゃあ君の言う通り重力も何もない
世界をつくってあげよう。楽かどうか試してみるといい』
神様はにっこり微笑んでうっすらと鳥さんの前から消えました。

空を飛んでいた鳥さんは次の瞬間、
すごいスピードで飛んでいたのが急に
止まってしまい、いくら羽根をバタバタさせても
前に飛べません。
自分の思う方向にも飛べません。
そこは一気に真空の世界になっていました。
息もできません。
フワフワ フワフワ浮いています。

鳥さんは言いました。
『息がしたい!色んなところに飛び回りたい!
羽根がもげそうになっても次の国へ行きたい!
目的の地に行きたい!こんなのなにも自由じゃないじゃないか!
色んな制約や制限がある中でどう努力するか、
その中でどう成長するか、
その制約や制限のなかでどんな楽しみを見付けるか
ということが本当の自由ということなんだ!
息がしたい!疲れても次の国まで行けた自分を
ほめて喜びを見付ける事が自由ということなのかもしれない。
当たり前と思っていたことがどれだけ貴重で素晴らしいことか
気付きました!い、息がしたい、、、色んな体験をしたい。
自由って棚ぼたのように待っているのではなく、
色んな制約や制限、しがらみのなかでいかに見付けることなんだ!
神様、お願い!もう一度今までの世界に戻してよ!
後悔のないように精一杯頑張ってそこから本当の自由というものを
見付けてみることにチャレンジしてみるから!』

フワフワ浮きながら真空の世界の中で悶え苦しんでいる
鳥さんの前にぼや〜っと神様はまたにっこり微笑んで現れました。
そして神様は鳥さんに優しくこう言いました。

『君は今そのような体験の中で本当の自由というものを
みつけられたんだね。そして本当の自由というもは
待つのではなくて見付けていくことに気付いたんだね。
君が今、空という所で飛んでいる世界の下には
人間という生き物がいるんだ。
人間もまた君と同じようなことを思っている。
今君が得た気付きを人間にもいつか気付いてねと
願ってあげる心を持ってみなさい。
そうすれば君の求めている真実の自由を手に入れられることが
できるんだよ。
人間も君が飛んでいる空の下で
色んな国、人種、環境問わず人間関係や法律という制約、
生きていく上でのしがらみや様々な悩みを持って本当の自由を求めて
精一杯生きているんだよ。
さぁ、色んな国へ思う存分飛びなさい。
そして色んな国で色んな体験をし、
学び成長してみごらんなさい。』

神様はまたにっこり微笑んでさっきと同じように
うっすらと消えて行きました。

神様の笑みはさっきと少し違うような感じでした。

それから鳥さんは今までと同じように
時期が来るたび色んな国へ渡りました。

色んな国へ小さな体で移動するのは相変わらず
大変なようです。
でも鳥さんはさっきまでと違い目の輝きが心なしかとても輝いていました。

---------------------------------------------------
わたしたちも上記の鳥さんが思っていたこと同様、
『法律なんかなかったら』
『勉強や仕事がなかったら』
『人間関係で悩むことがなかったら』
『悩み苦しむことがなかったら』
『何も学ぶ事も様々な体験もなかったら』
どれほど自由かと思うことがあります。
でももしそのような制約や制限、ある一定のルールが
なかったらどうなっているでしょう。
なにもそれらに縛られることはありません。
時にはハメをはずすことも必要かと思います。
しかし重要なのはその中でいかに考え、
本当の自由を見つけ出すことが大切ではないでしょうか。
------------------------------------------------------

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-08-19 23:59 | スピリチュアル