<   2008年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

9/28 おしらせ(おしらせ)

昨夜よりメールの送受信ができなくなっております。
原因が判明次第、再度お知らせいたします。
それまでは誠にお手数ではございますが
再開まではメールのお問い合わせ等は
hal-min@excite.co.jpまでお願い致します。

お手数をお掛けしますが何卒よろしくお願い致します。

岸田天道

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-09-28 14:39 | こころ

9/26 光/影(ちょうしょとたんしょ)

ここ最近、朝晩は特に秋の匂いがする。
私は暑がりなのでこの変わり目がとても好きです。
でも暑い日や蒸し暑い日でも好きなものがあります。

お日様で焼けたアスファルト。
そして雨が降り出したときの
地面からモワァ〜と立ち上ってくる湿気と
独特のあの匂い。
(たまに色んな人から変だ!と言われることがありますが。。。)

秋や冬になってくるとその独特な匂いは、
半減してちょっと物足りなさを感じます。

でも秋はカラッとした心地よさを運んでくれます。
短所ばかりではありません。

このように人も物も様々なルールであったり何でもそうですが
長所・短所はあります。
まるで光が当たるということは影が存在するように。

身近な人、目につく人は長所よりも短所に
意識の矢印が向かいがちになりますが、
そのような『影の部分』があるということは
必ず『光の当たっている部分』があるということです。

そちらに意識をフォーカスしてみるのはいかがでしょうか。
それは自分の長所を見付けることに繋がるからです。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■

●27日は終日不在となります。お問い合わせのメール等の
お返事は当日深夜か翌日に折り返しご連絡いたします。
by hal-min | 2008-09-26 23:59 | スピリチュアル

9/25 どう思われているか(ごみばこへ)

人に嫌われると確かにいい気分にはなれません。
でも万人に好かれることもできません。
『嫌われたくない』という思いは
『良い人』でいようとしてしまいます。

私も色んな人と接していると
たまに『もし嫌われたら』という思いが
出てくることがあります。

でもそんなときは『嫌うかどうかは相手が決めること』と
思うようにしています。
相手がどう思うかは自分では決められません。
どっかの国の王様でもその人がどう思うかということを
決めることはできません。

なので私の中ではいつも『悩んで解決すること』と
『悩んでも解決しないこと』に分けるようにしています。

悩んで解決することであれば多いに悩みます。
脳みそがスカスカのカッスカスになるまで考えます。
必ず突破口が見つかります。
何かのアイデアを考えるときもそんな感じです。
ちょっと考えたアイデアはすでに誰かが始めているからです。

そして『相手が自分のことをどう思うか』というのは
悩んでも解決しないことなので
イメージの中でゴミ箱に捨てます。
あと、実際に紙に書いて、破ってゴミ箱に捨ててしまいます。

あくまでもこれは私の方法なので
『これが正解』というものはありません。
参考になれば幸いです。

--------PS--------
22日にハイパーシーンと縁起石の
発送は全て完了しました。
皆様のお手元に無事届いているようで
安心しました。
メールもたくさんいただき心より感謝いたします。
発送前に入念に検品しておりますが
もし疑問なことやお気付きの点など
ございましたらご連絡ください。
-------------------

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-09-25 21:11 | こころ

9/21 お知らせ(おしらせ)

お知らせが2件ございます。

【1】
この間お知らせさせていただいた
ハイパーシーンのペントップと縁起石が入荷し、
第一便は本日発送致しました。
明日も引き続き順次発送いたしますので
今しばらくお待ち下さい。
ハイパーシーン独特のきれいな石目と
シラー効果(現物をご覧頂ければ『これがシラー効果か!』と
お気づきになられると思います)もしっかりと出ています。
c0111102_0115641.jpg

c0111102_0122637.jpg

お取り置きの皆様にも順次お知らせ致します。

【2】9月27日は終日不在となります。
お問い合わせは、お電話の場合留守番電話にご連絡先とお名前を
メッセージください。後日当方よりご連絡致します。
メールのお問い合わせもお返事が翌日となります。
誠に勝手ではございますが何卒よろしくお願い致します。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-09-21 23:59 | こころ

9/20 吸い殻(いらいらすごすかいいきぶんにするか)

道ばたにタバコの吸い殻が落ちていました。
それを見て『こんな所に捨てたのは誰?常識のない人!』と
腹が立ちます。
一度腹を立ててしまうと無意識に犯人探しをしてしまいます。
でも腹を立てずに済むこともできます。

吸い殻を見付けたら拾います。
これだけです。

もし道ばたで吸い殻やゴミを見付けたら
『誰だ!』と思わずに拾ってみてください。
そして気分の良い一日にしてください。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-09-20 23:59 | こころ

9/19 腰(よっこらしょ)

子供は腰を上げるときに
「よいしょ」とか「よっこらしょ」なんて言わずに
ピッと思ったらパッと行動する。

そして色んなことを体験して歳を重ねて大人になっていく。
腰を上げるとき「よいしょ」、「よっこらしょ」と言う。
そして「また今度」「また明日」が口ぐせになり
一年が過ぎる。早い一年。
決断と腰は連動している。

先人は『腰が重い』という言葉を後世にプレゼントしてくれた。
私たちはそのプレゼントのリボンをほどき、
箱を開けるべきだ。
そしてプレゼントの中身を知る必要がある。

その箱には一枚のメッセージカードが入っている。
そのメッセージカードに書かれていた内容は
人それぞれ見え方が違うと思う。
違って当然だと思う。

私の場合、そのメッセージカードはこのように見えました。
【「また明日」「また今度」はいつだ?
それは『今』ではないか?】って。

この世にやってきたということは
いつか必ず魂の世界に還る。
そして自身の魂をさらに成長させるために
来世の宿題をある程度自分で決めて
またこの世にやってくる。

私は何かあったときこのように思っています。
『この世は自分で用意した問題集だ。
だから身の丈以上の問題はやってこない。
必ず乗り越えられるようになっている。
自分に解けない問題集を用意しない。
だから大丈夫!』

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-09-19 23:59 | スピリチュアル

9/18 違って当然だという前提で(じゅうなん)

長く接していくと人間関係は深まっていく。
(それが全てではありませんが)
そして次第に関係が深まれば深まるほど
相手に(親、子供、パートナー、友人など)に
過度に何かを期待して(求めて)しまうことがる。
例えば相手が自分の思い通りにならかったとき、
無意識に『思い通りにさせよう』
(もしくは思い通りになってほしい)という思いのチカラが作用
し、求めるということに繋がっていく。
そして思い通りにならかったとき不満という感情が湧き出てくる。

近い存在であればあるほどその作用は働きやすい。

しかし価値感や生き方、考え方は近い存在であれば
同じでないといけない。
もしくは同じであって欲しい思いが前提となっている場合、
その作用は強力に働きやすい。
よって不満を表示するゲージの目盛りはMAXに向かう。

では『価値感や生き方、考え方は違って当然だ』という
前提の元、接していくと何らかの食い違いが生じたとき
『そういう考えもあるよね』と相手を受容できる可能性は無限に広がる。
『近い存在であっても全て理解、共感できないことがあって当然じゃないか』
と思える(そうなる努力は必要ですが)。

しかし100%を目指す必要はありません。
人である以上、完璧な人なんて存在しないからです。
もしそのような人がいるのであればこの世に存在していません。
60点でもいいじゃないですか。
来世は70点にチャレンすればいいんです。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
---------お知らせ---------
●19日『ズ』
●ご依頼分のハイパーシーン等は20日入荷予定です。
詳細が決定いたしましたら順次ご連絡いたします。
by hal-min | 2008-09-18 23:59 | スピリチュアル

9/16 挫折や失敗と同時に・・(たねまき)

大きな失敗は嫌なものだ。
大きな挫折も嫌なものだ。
大きな逆境も嫌なものだ。
それらは大きければ大きいほど
嫌な気持ちは風船のようにふくらむ。
そしてそのような体験をすると過去の失敗や挫折という
データーがあるので新しいことにチャレンジしようと
すると尻込みしてしまう。
慎重になりすぎてしまう。
そしてチャンスは目の前をレーシングカーのように
通りすぎてしまう。
そして後悔の念やチャンスというレーシングカーを
捕まえられなかった自分を責めてしまう。

しかしレーシングカーが何周もコースを回る。
また目の前にチャンスはやってくるのです。

過去の失敗や挫折が大きければ大きいほど、
本当は同時にそれ相応の『幸せの種』が
まかれているのです。

無難に過ごせば失敗も挫折感もそれなりに
小さいものです。
それは同時にまかれた『幸せの種』の量もそれに見合った量なのです。

ハイリスク・ハイリターンという言葉があります。
多くの人は『それは危険だ!』と言います。
しかしハイリターンを得るためにはリスクもその分高まります。
それはそれを乗り越えた時その分に見合ったリターンという
『幸せの種』『喜びの種』を手にするということです。

反対にローリスク・ローリターンもあります。
リスクが少ないかわりに得られるリターンもそれなりの分量なのです。
だから得られたもしても喜び半減となります。

生きているということ、生きていられるということ自体、
ハイリスクではないでしょうか。(良い意味で)
今日もこうして死なずに生きているのです。
奇跡的なことです。

まかれた種は必ず芽を出します。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-09-16 23:59 | スピリチュアル

9/15 船長(せんちょう)

あなたの魂の船長は
他の誰でもない、あなた自信です。

誰かを船長にすることはできないのです。
もし誰かを船長にしたならば、
あなたの魂という船が航路を誤ったり
何かあった時に『代わりの船長』のせいにすることに
なる可能性があります。

責めるということは、実は責められることよりも
苦しいのです。
責めるから責められるのです。
責められるから責めてしまうのです。

もしそのような航路を進んでいるのであれば
航路を変更することもできます。

なぜならあなたの魂の船長は
あなた自信だからです。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-09-15 23:59 | スピリチュアル

9/14 気まぐれな心(みみをかたむける)

心は気まぐれだ。
心は時にはまるで口の達者な者のようだ。
でもそんな時ばかりではない。
『お前なら出来るぞ』と言って応援してくれているときもある。
なのにしばらくしたら『本当に出来るのか?失敗するかもしれないぞ』と
惑わすことも言ってくる。
応援してくれているのか不安にさせていようとしているのか
混乱しそうになるときがある。

でも私は内に秘める心は敵ではないことを知っている。
心は色んなことを自分に言う。
そして惑わせたり、判断や決断を揺さぶらせることによって
あることを教えてくれているのだと思う。

何かにチャレンジしようとして心は感情を炎のように
高ぶらせる。
その後『それはお前には相応しくないんじゃないか?』と不安にさせる。

心はあなたに色んな問いかけをし、
あなたを向上させていようとしてる。
それは心の本質である魂が『この世というものは
色んなことを体験し学ばせるためのレッスンの場』ということを
知っているからだ。

内なる声が聞こえたときあなたはその声に
耳を傾けるときだ。
そして対話するときだ。
そうすれば心が色んなことを言って惑わしても
対話をするときあなたは以前のあなたを超越する。

この世は色んなことが学べるレッスンの場だ。

■岸田天道ホームページ(PC用)はこちらから>>>■
by hal-min | 2008-09-14 23:59 | スピリチュアル