5/8 過去は生ごみ!と思ってみる場面とは。。。

幸せも不幸の感じ方や捉え方は人それぞれなので、
『これが幸せ』『これが不幸』というのは
その人が感じて決めることです。


幸せであろうが不幸せであろうが
心の習慣であり、心の態度で決まります。

同時に、不幸も幸福も
出来事(現象)に対する、反応でもあります。

幸せだと思ったらその人は幸せです。
同じ出来事でも不幸だと思ったらその人は不幸です。

運が良いと思ったらその人は運が良い人です。
同じ出来事でも運が悪いと思ったらその人はその瞬間から運がさらに悪化します。

それが良いか悪いか、運が良いか良くないかは、
その人その人の”現象に対する反応”によって決まります。

過ぎたことやまだ起きていないことに対していつまでもクヨクヨしていても
何も解決しません。

思い出して気分が良いことや嬉しかったことは”懐かしむ”ことです。
懐かしむことは心身にとってとても良い影響を与えることが
化学的にも証明されています。
しかし、思い出して嫌な思いをする場合、
『過去は生ごみ!』と切り替えてみる良い機会です。

なぜ気分が良くない過去は生ごみだと思った方が良いかというと、
過ぎ去った嫌なことに集中してさらに嫌な気分になるということは
いくつかの生ごみがたくさん入った袋を目の前にして
『なんで臭いんだろう、、、なぜこんなに臭いんだ』と言っているのと同じだからです。

私もたまに何年も前の嫌なことを思い出す時があります。
そんな時はすかさず『過去は生ごみ!』と声に出して切り替えるようにしています。

これまで生きてきた中の出来事全てをいい思い出にすることはできませんが、
上記のように切り替えていくことはできるはずです😀

泣いても笑っても、心配しても安心しても
時間は過ぎていきます。
同じ時間が過ぎていくなら
心がカラッとしている時間が長い方がいいですよね。

もう少ししたらジメジメした梅雨がやってきますが
心だけはカラッと爽やかにしておきましょう!


岸田天道のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

# by hal-min | 2022-05-08 04:03 | こころ | Trackback

5/7 人は自分が考え続けた通りになるという法則

病気のことをずっと気にしてばかりいるとやがて病気になります。

病気が治らなかったからどうしようと気にしてばかりいると
病気はさらに悪化して長引き
別の病が発症する可能性も高まります。

自分は病気かもしれないと、絶えずクヨクヨしていると
本当は病気ではなくてもやがてその通りの病になってしまいます。

霊障にあいやすい方も同じような可能性が多いものです。
過剰なまでにビクビクしたり恐れていたり
そのことについてずっと怯えていると
この世を彷徨っている霊体さんと引き合います。
そして住居でも明らかに変な音が聞こえたりして
さらに怖がって事態が継続するか、これまでよりもひどい状態が続きます。

どんなことでもそうです。

試験などでもそうです。
不合格についてずっと考えているとそうなる確率は上がります。
就職の面接もそうですよね。
面接するかなり前から、面接をして連絡が来るまでの間、
採用よりも不採用になった場合について考え続けているとそうなってしまいますよね。

なぜそうなるかというと、
人は”自分が考え続けた通りになる”からです。

しかも、強く長く考え続けると、
その通りになる時期がグンと早まります。

だからといって怖がることはありません。

冒頭のように、マイナスのことやクヨクヨと考えることも現実になりますが
人は自分が考え続けた通りになる”というルールは
プラスの方にも働きます。


人は自分が考え続けた通りになる”、、、、これは時代が変わろうが
年齢性別関係なく全ての人に適用される普遍の法則です。

そうとわかれば”今考え続けていること”は、はたして自分が望んでいることなのか
そうでないことなのかを一度精査してみましょ😀

笑うことが多くなりますように。

合掌。


岸田天道のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

# by hal-min | 2022-05-07 03:48 | スピリチュアル | Trackback

5/6 誰からも誘われなくなる人の特徴

誰からも誘われなくなる人、、、、

あなたの周りにも1人や2人はいると思います。

誘われなくなるという結果があるということは、
誘われなくなる原因が必ずあります。

一番わかりやすいのは何回もドタキャンする人、もう一つは
毎回遅刻してくる人。

毎回のようにドタキャンする人は
とりあえずその日は『行く』と言いますが
前日か当日に面倒になってドタキャンします。

された側は『来ると言いながら毎回来ないし毎回直前までモヤモヤするのは嫌だから
あの人は誘わないでおこう』と思ってしまいます。

毎回遅刻してくる人もそうですよね。
『あのメンバーなら遅れても大丈夫』という思いがあるのかもしれませんね。
毎回待たされる側は『誘っても平気な顔して遅れてくるし毎回みんなを待たせるのも悪いから
もう誘わないでおこう』と思ってしまいます。

そして”誘われない人”になっていきます。

このように”誘われない人”はいきなりそうなったのではなく、
何かしらの原因を積み重ねてきているのです。

誘われない→人が離れる→良い情報も入って来なくなる。。。。というように
そりゃあ運気も下がりますよね。


上記の二つの例は最もわかりやすいですが
もう一つ”誘われない人”には特徴があります。

それは、誘った時に『○日ならいけたのに』、
『○曜日だったら行けるかも』という口癖です。

大抵の場合、その人の都合の良い◯日や○曜日に合わせても
『用事が入った』『予定が入ってしまった』と結局来ない場合がほとんどです。

その場合、その人の都合に合わせても来ないのですから
”誘われない人”になっていきます。


これらに共通していることは
自分の都合しか考えていない、もしくは相手の都合を考えない自己中心的な人に
多いものです。

面白いことに、自己中心的な人は、人には平気で失礼や無礼をしますが
いざ自分がされるとものすごく怒ったり
『あんなことされた、こんな扱いをされた』とやたらと言います。

ますます人が離れていきますよね。
そしてその人がいくら被害者意識全開になっても
周りは『あんたがいつもしてることじゃないの』と結構冷静です。


運の上げ下げの要因はそんなところにも潜んでいます。

そして、仕事運であろうが恋愛運、対人運、金運、吉報であろうが
どれも勝手にやってくるわけではありません。
全て”人”が運んできます。

100人いたら全員に好かれることはできませんが
100人中2〜3人に『また会いたい』と思ってもらうことはできるはずです。


周りをよく見ていたら、見習う面もありますが、
自分はそうならないように気をつけようということも見つかります。

人のふり見て、、、ですね。

良い人生になっていきますように。


合掌。

岸田天道のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

# by hal-min | 2022-05-06 04:30 | こころ | Trackback

5/5 『よかったね』と言えない残念な人

あなたの周りにこんな人はいませんか?

人に良いことが起きた時に『どうせ裏で何かしらしてたんでしょ』とか
『あの人がうまくいくなんておかしい』、
『あの人が良い評価をされるなんて認める人がどうかしている』としか言えない人。。。

パッと数人の思い当たる人の顔が浮かんだと思います。

自分たちの周りには必ずと言っていいほど
そのような人たちがいます。

そんな時、自分も同じように共感しないように気をつけなければいけません。

なぜなら自分もその人たちと同じ思考でいると、
自分の理想とするものをますます遠ざけてしまうからです。

例えば、上記のように人に起きた良いことを喜べない人の中で
運がいい人はいるでしょうか。
もしくはその人は今幸せそうな顔をしているでしょうか。
していませんよね。
なぜなら自分の理想とするものを嫉妬や妬みという形で遠ざけているからです。


人に良いことが起きた時、もし嫉妬や妬みの気持ちが出てきても
『よかったね』とか『おめでとう』と言い続けていると
やがて自然とそう思えてくるようになります。
そして、素直に『よかったね』とか『おめでとう』って言えるようになります。

そうなってくると起きる出来事が変わってきます。
人に良いことが起きたという場面に遭遇したということは、
その人が自分の近い未来の姿を見せてくれていると捉えることができるので、
”よかったね”とか”おめでとう”と自分のことのように思えて
自分の理想とするものが急速に近づいてきます。

これは人だけではなくこんな場面でもそうです。


街中を通っているときにものすごく繁盛しているお店があって
行列ができていたとしましょう。
それを見て『どうせ変な手を使って宣伝でもしたんでしょ』とか
『あんなもん一過性のものだ』という人と、
その店が自分と全く無関係だったとしても
『とても繁盛していますね!おめでとう!』と思える人、、、、

天はどちらの方を応援するでしょう。。。。


答えは明白ですよね。

『おめでとう』とか『よかったね!』と言える人でいましょう。

あなたが理想とするものに確実に近づけます。


理想を手に入れられますように。


合掌。


岸田天道のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

# by hal-min | 2022-05-05 05:05 | こころ | Trackback

5/4 ”なりきる”という大事さ

”なりきる”。。。。これめちゃくちゃ大事です。

自分は常に被害者だと思っている場合、
『でも』『どうせ』『だって』の3D連発の
被害者になりきっている可能性があります。
(ここでいう被害者とは犯罪に巻き込まれたり実際に被害に遭った場合を除きます)

被害者や悲劇のヒロインになりきっていると
宇宙は『かしこまりました。すぐにその現実を用意します』と
まるでアラジンと魔法のランプからニュ〜っと出てくるジニーが
その願いを叶えてくれます。
巷でよく言う”引き寄せ”というやつですね。

反対に少々いろんなことがあっても
『これはうまくいくためのプロセスだ。ぞれに気づいた自分はなんてすごいんだ!
さすが私(オレ)!やっぱり運がいいよなぁ』と
運がいい人になりきっている場合もあなたのそばにいるジニーが
『かしこまりました。それを叶えましょう』と
なりきったことと同様の出来事を起こしてくれます。


と、こんなことを書いている私ですが
たまに『なんでこうなるの。。。あ〜あ。。。』ということがあります。
そこで我に返ってジニーにこう言います。
『今の”なりきり”キャンセルキャンセル!』と😅

そういう時のジニーは『かしこまり。。。あ!キャンセルですね』と
案外ジニーもわかってくれます。

物語ではジニーというように擬人化されていますが
あれは宇宙なんだと思います。
わかりやすいように擬人化されているんでしょうね。

あなたのそばにはジニーがいると思ってみてくださいね。

岸田天道のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

# by hal-min | 2022-05-04 04:44 | こころ | Trackback