5/6 感の動

感動は、私たちの人生において水と空気くらいに不可欠な要素です。

それは、感動が私たちの心を豊かにしてくれますし、
喜びだけでなく、私たちを成長もさせてくれます。
さらに他者との縁も深めるからです。


感動とは『心が強烈に動く』ことです。
感動は心を揺さぶり、深い喜びもたらします。

感動的な瞬間や出来事によって、
私たちは感情的な充足感を得ることができます。

これによって、私たちの人生に幸福感をもたらし、
生きる喜びを味わうことができます。


さらに、感動は私たちを成長させる力を持っています。

感動的な経験や出来事は、私たちに新しい視点を提供し、
成長する機会を与えてくれます。
思い返してみると皆さんもそんな場面のいくつかが思い出されると思います。


感動を経験することで困難に直面したときや挑戦に立ち向かうエネルギーにもなり、
メンタル面においても強くなることができます。


そして、感動的な瞬間を共有することで、私たちは他者とのつながりを強化し、
共感や理解を深めることができます。

これによって、私たちはより豊かな人間関係を築き、支え合う関係を形成することができます。

ただ、どちらかが『感動は不要』という場合は温度差も大きすぎるので
やがて縁は消滅していきます。


感動は、私たちの人生をより意味深いものにする魔法のような要素です。
もし魔法が本当にあるなら私はそれは『感動』ではないかと思っています。

直近で感動したのはいつですか?

何年も前や、何ヶ月も前以降、感動してなかったら
心を揺さぶるような人、物などに触れてみましょう😄

────────────

岸田天道・神崎蓮のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

🔸ヒーラー 神崎 蓮のブログはこちら>>>


───不定期でお得情報を配信しています───
LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

# by hal-min | 2024-05-06 21:05 | こころ | Trackback

5/5 不安はどこから来るのか

日常を何気なく過ごしていても

充実して過ごしていても、不安はふとした瞬間に次から次に

出てくるものです。


そんな時、ただただ不安に飲まれてしまうのではなく、

そもそも”不安はどこからくるのか”ということについて知っていれば

いつもよりもドンと構えられる可能性が非常に高くなります。




まず、不安は、心理的な要因と精神的な要因の両方から生じる複雑な感情です。



心理的な部分では、過去のトラウマや困難な出来事、

未来への不確実性が不安の原因となります。

過去の経験が現在の不安を引き起こすこともあります。


また、自己評価の低さや自己価値の疑いも不安を増幅させる要因となります。


そんな経験誰しも体験したことがあると思います。



一方、精神的、精神世界的な部分では、

内なる不安や魂の不安定さが不安の原因となります。


自分の本来の存在や目的を見失い、

現実との乖離が不安を生じさせることもあります。


さらに、外部のネガティブなエネルギーやストレスからの

影響も不安を引き起こす可能性があります。



不安は心と魂の両方から生じる深い感情であり、

その原因はさまざまな要因によって複雑に絡み合っています。


過去の経験や未来への不確実性、自己評価の低さが心理的な不安を引き起こす一方で、

内なる不安や現実との乖離が精神世界的な不安の原因となります。


これらの理解を深めることで、

より効果的な不安の克服や癒しの方法を見つけることができるでしょう。



不安は我々の日常生活に深く根ざした感情であり、

その原因は単純なものではありません。


心理的な観点からは、過去の経験や不確実性、

自己評価の低さが不安を引き起こす一方で、目に見えない世界の観点で

は内なる不安や現実との乖離が影響を与えます。



この複雑な感情に対処するためには、

まずその原因を理解することが重要です。



過去のトラウマや未来への不確実性、

自己評価の低さといった心理的な要因に加えて、

内なる不安や魂の不安定さ、

外部のネガティブなエネルギーといった精神世界的な要因も考慮する必要があります。



不安を克服するためには、

心と魂の両方を癒すアプローチが必要です。


心理療法やメンタルヘルスの支援を受けることで心理的な不安を扱う一方で、

瞑想やヨガなどのスピリチュアルな実践を通じて内なる平和を見つけることも

効果は期待できます。



最終的には、自己認識と自己受容の過程を通じて、

不安を克服し、内なる安定と平穏を見出すことができます。


この過程で、自己肯定感の向上や内なる成長を促進し、

より豊かな人生を築いていく確率は確実に上がるでしょう。


少なくとも何もしていないよりは。


────────────

岸田天道・神崎蓮のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

🔸ヒーラー 神崎 蓮のブログはこちら>>>


───不定期でお得情報を配信しています───
LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

# by hal-min | 2024-05-05 00:45 | こころ | Trackback

5/4 自己肯定感、上げた方がええで!

自己肯定感を高めることは、

心理的な安定や精神的な豊かさなど、人生に多くのメリットをもたらします。



自己肯定感が高まると、精神的な安定がもたらされます。

自分自身を受け入れ、自己価値を認めることで、

ストレスや不安のレベルが低下し、

心の平穏が保たれます。



また、自己肯定感が高い人は、自己効力感が向上し、

目標を達成する自信がアップします。



さらに、自己肯定感が高まると、

ポジティブな関係の構築が促進されます。

自分自身を受け入れる姿勢があり、他者も尊重する態度を持つことで、

良好な人間関係が築かれます。


このような関係性は、幸福感や生活満足度の向上につながります。

また、それを高めることは、人生や魂、心身に豊かさをもたらします。


自分自身を好きになり、受け入れることで、

心の平和と調和が生まれます。


自己肯定感が高い人は、自己成長を求める動機を持ち、

ポジティブな姿勢で新たな挑戦に取り組むことができます。


また、周囲の人々にポジティブな影響を与えることで、

自己肯定感が高まり、共感や励ましを生み出します。



自己肯定感が高まると、自己成長を促進し、

周囲の人々にもポジティブな影響を与えます。


自己肯定感を高めることは、個人の幸福と健康にとって重要な要素でもあります。


自己肯定感を育てるためには、重い腰をあげることにもなりますが

自己受容や自己成長に積極的に取り組む引き金にもなります。



心身ともに平和がやってきますように。



────────────

岸田天道・神崎蓮のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

🔸ヒーラー 神崎 蓮のブログはこちら>>>


───不定期でお得情報を配信しています───
LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

# by hal-min | 2024-05-04 01:32 | こころ | Trackback

5/3 面構えと心構えは連動しています

『おお!いい面構えしてるねぇ』とか『あの人は心構えがいい』というように、

表情の構え(面構え)、心の構え(心構え)ってありますよね。


普段聞き流しそうになったり、

意識していないと忘れそうなしかし非常に大事な

この二つについて書いてみたいと思います。



面構えと心構えは、外見と内面の両方に影響を与える要素でもあります。

そして、自分自身や他者に与える印象や影響に大きな役割を果たします。


面構えと心構えは、それぞれ自己表現やコミュニケーションにおいて重要な役割を果たします。

外見や心の状態が、自分自身や他者に対する印象を与えますし

同時に印象を形成します。


また、一見この二つは別々のように見えて、

実はこれらの要素は相互に影響し合い、

自己意識の向上や行動の調整につながっています。



自分に与える影響としては、

面構えと心構えが整っていると、自己意識が向上し自己評価が高まります。


これによって、自己信頼も増し、

自分の目標や価値観に合致した行動を取りやすくなります



相手に与える影響としては、面構えと心構えが整っていると、

相手に良い印象を与えやすくなります。

自信やポジティブな態度は、相手に対する信頼や好意を引き出す要因となります。

また、コミュニケーションが円滑に進みやすくなり、信頼関係や共感が生まれやすくなります。


つまり、”魅力のある人”、”また会いたいと思える人”ともいえます。



そして、面構えと心構えは、自分と相手の間で重要な役割を果たします。

これらの要素が整っていると、

より良いコミュニケーションや人間関係の構築が可能になります。



運の良い人や人間関係の良好な人には、ポジティブな口癖も共通していますが、

面構えや心構えも共通しています。



何よりもその根っこになるのが、好奇心や探究心です。



良い面構えが続きますように。



合掌。


────────────

岸田天道・神崎蓮のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

🔸ヒーラー 神崎 蓮のブログはこちら>>>


───不定期でお得情報を配信しています───
LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

# by hal-min | 2024-05-03 23:30 | こころ | Trackback

5/2 心のあたため方

心が冷え切ってしまうことは誰にでも起こる可能性はあるものです。



心をあたためる方法はいくつも存在しますが、

今日は、二つの観点から、その方法を紹介します。



冷たい心を温める最初のステップとしては、

なんといっても自己肯定、自己受容です。



自分自身を受け入れ、自分を肯定することが

心の冷たさを解消するための根幹です。


自分に優しく接し、自分の感情や欲求を尊重することで、

心が温かみを取り戻すきっかけが生まれます。



また、他者とのつながりを大切にすることも重要です。

家族や友人との交流や、他者への思いやりなどは心を温かくし、

喜びをもたらします。


他者との共感や支援を通じて、心の寒さを癒すことができます。


さらに、自然との調和という方法もあります。


自然の中で散歩をしたり、触れ合うことで心がリフレッシュされる可能性は

上がります。

何もそのために遠出する必要はありません。


小さな花や観葉植物に触れることでも

あなたの心が穏やかな気持ちになることもできます。



また、別の観点からだと、

心をあたためる方法の一つに、感謝の実践があります。


日々の小さな幸せや恵みに感謝することで、

心が喜びに満ち、ポジティブなエネルギーが増します。

少なくともポジティブな気持ちが減ることはありません。


自己成長と精神的な探求なんかもそうですね。

それに関連する本を読むのも良いでしょう。



その時、心は自己成長の旅に出ます。


それは普段眠っている心の豊かさを発見することができます。



創造性や芸術的な表現を通じて、

心をあたためることもできます。


得意不得意、上手下手、んなもん関係ありません。


絵画、音楽、詩、手工芸など、自分の感情や想像力を表現することで、

心が豊かな表現の場を見つけることができます。



それらの行動は心をリラックスさせ、新たな視点や洞察をもたらします。



まだあります。


心をあたためるための方法として、

喜びや笑いを追求することが重要です。


笑いは最高の薬です。


心身の健康を促進し、血流も良くなりますし、

ストレスを解消する効果もあります。



コメディ映画を観たり、友人と楽しい時間を過ごしたりすることで、

心がリフレッシュされ、ポジティブな気持ちが生まれます。



これらの観点から見ると、心をあたためる方法はさまざまですが、

自己受容や自己肯定、他者とのつながり、

自然との調和、感謝の実践、自己成長と精神的な探求、

創造性の表現、そして喜びや笑いの追求が重要な要素となります。


これらの方法をバランスよく取り入れることで、

心が温かみを取り戻し、豊かな喜びと幸福を実感することができるでしょう。



────────────

岸田天道・神崎蓮のHPはこちら↓↓
兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。

🔸ヒーラー 神崎 蓮のブログはこちら>>>


───不定期でお得情報を配信しています───
LINE@の友だち登録は下記のリンクからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ライン@の登録はこちら↓↓

(セッション等のお問い合わせはHPのお問い合わせフォームをご利用くださいませ)

# by hal-min | 2024-05-02 01:06 | こころ | Trackback