タグ:言葉 ( 2 ) タグの人気記事

5/23 良い言葉と少し良い言葉の違い

以前、セルフイメージを高める(変える)には
”付き合う人を変える”ということを書きました。

もちろん、それが一番良い方法なのですが
同時にもう一つ”あるもの”を変えると
さらに変えることができます。

それは”言葉”です。

良い言葉、正しい言葉を使うのは当然ですが
その中でも特に良い言葉を使うと良いでしょう。

もし誰かに『元気ですか?』と聞かれたら
『いいえ。かなり疲れてます』は論外です。

『はい。元気です』だとこれでもほんのちょっと良いかなくらいです。

ではもっとパワフルなのは
『はい!絶好調です。ありがとうございます!』です。
もしかするともっと良い言葉で力強い言葉はあるかもしれませんが
最初の『はい。元気です』よりは相手や自分に与える影響はかなりといえるでしょう。


同じ良い(正しい)言葉でも”ちょっと良い”と”かなり良い”では雲泥の差です。

『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られるマーク・トウェインは
「 正しい言葉 と ほぼ正しい言葉 との違いは稲妻とホタルほどの差がある 」  と言っています。

言葉を厳選していくにはあなたの持つ言葉の量を増やすことです。

人の話しにいつも以上にアンテナを立てて聞いたり、
本や新聞を読むのも一つの方法です。
そうしていくことで現状より良くなることはあっても悪くなることはありません。

かといって頭でっかちになるだけでは意味がありません。

知識は行動によって知恵になるからです。

合掌。


■HPはこちら>>>

兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。
by hal-min | 2018-05-23 09:25 | スピリチュアル

2/11 魅力をなくすのは『でも』『だって』『どうせ』の3D

魅力が『ある』『ない』は容姿だけではありません。

普段使っている言葉ひとつとっても、
魅力が『ある』か『ない』かは出てきます。

例えば、『でも』や『だって』『どうせ』を連発する人はどうでしょう。。。
この言葉だけでもかなり損していると思います。

『でも○○ですよね』
『だって○○だとどーのこーの』
『どうせ○○だから』。。。。

これは聞く方もやがて『もうこの人には肝心なことは言わないでおこう』とか
『何を言っても素直じゃないなぁ』と思わせてしまいます。
それはどういうことかというと
良い情報や良い知らせ(吉報)を遠ざけてしまうということです。

同時にその人自ら”魅力”を減らしていますし
お互いがしんどくなってしまいます。


飛んで来た会話のボールを『でも』や『だって』『どうせ』の3Dで返していると
そのうち投げたボールも返ってきません。

なにも共感できないことにまで『そうですよね』と言うことはありませんが
大抵の場合、一番最初に否定するボールは飛んできません。

『昨日○○を買ったんですよ♪』
「”でも”今日の広告でもっと安く出ていたよ」と返したら
盛り下がること言うなよ〜ってなりますよね。

魅力がないというのはそういうことです。

『昨日○○を買ったんですよ♪』
「それは良かったじゃないですか!また見せてくださいね」と返せば
お互いが楽しくなりますよね。

このように、魅力は容姿だけではありません。
どんなことでも”まず言葉ありき”です。

たくさんの魅力が出ますように。


合掌。

■HPはこちら>>>

兵庫県・霊視・浄霊・ヒーリング・岸田天道ホームページはこちらから■(PC、スマホ共通)
お気軽にお問い合わせくださいね。
by hal-min | 2018-02-11 23:54 | スピリチュアル